「シルクロードS&根岸S」

2021年01月30日

「シルクロードS&根岸S」

今週の重賞は31日(日)、中京競馬場で行われる1,200mのシルクロードステークス、そして東京ではダートの春季のGI、フェブラリーSへ向かうメンバーの根岸ステークス(ダ1400m)。有力馬は次戦を見据えて出走するレースなので波乱含みとみて注意したい。発走順にシルクロードSから。
◎はどういうレースをするか最も注目しているラウダシオンにした。前走(GI,マイルチャンピオンシップ)は15着。ただし、勝ったのがグランアレグリアで、先行馬がそろった激しいレースだったので大敗でも気にする必要はない。ここは1200mでメンバーが違う。NHKマイルカップの勝ち馬なので明け4歳でハンデが57キロなったが仕方ないだろう。古馬相手でもこの距離なら首位争いになるはずだ。追い切りのタイム、動きも良い。強敵になるモズスーパーフレア相手にどう折れ合うか?高松宮記念を見据えての試運転なので注目したい。以下▲ライトオンキュー、△クリノガウディーが目を引く動きを見せているので要注意。
【シルクロードS(1月31日、中京11R)発送=15時35分
◎12 ラウダシオン
〇15 モズスーパーフレア
▲ 2 ライトオンキュー
△18 クリノガウディー
△13 シヴァージ
△ 7 エイティーンガール
△ 9 ヴェスターヴァルト
馬連 12→15、2、18、13、7、9

東京の根岸Sは別定重量戦。惜しいレースを繰り返しているレッドルゼルに期待。56キロは背負い慣れているし。末脚に切れがあるので東京コースでこの距離なら届きそうだ。強敵はタイムフライヤー。前2戦は⑤⑧着とちょっと不振に見えるものの、相手がトップクラスだった。このメンバーなら首位争い可能で、逆転に注意。単穴(▲)はヘリオス。5歳騙馬だが前走を見るとここに来て本格化してきたようだ。
【根岸S】(1月31日、東京11R)発送=15時45分
◎ 3 レッドルゼル
〇 6 タイムフライヤー
▲ 9 ヘリオス
△16 ステルヴィオ6
△12 テイエムサウスダン
△ 2 スマートダンディー
△15 デザートストーム
馬連 3→6、9、16、12、2、15

» コメントを書く