「フェブラリーS&小倉大賞典」

2021年02月20日

「フェブラリーS&小倉大賞典」

21日(日曜日)はJRA今年最初のGIレース、フェブラリーS(東京ダ1600m)です。ダート路線を歩む馬にとっては悲願のタイトル。中央競馬のダートのGIは春季のこのレースと、秋季のチャンピオンズカップ(中京、1800m)の二つだけですからね。
◎はカフェファラオにしました。前走のチャンピオンズCで6着に終わってしまいましたが、決して能力負けだと思えません。3歳勢からのただ1頭の挑戦でした。歴戦の古馬陣に揉まれた感じです。それと、勝ったチュウワウィザードが強いレースをしたんです。こんなに強かったの?と思ったほど。鞍上の戸崎騎手の手綱捌きが見事でした。ズブいタイプのはずの馬の気を抜かせないように励まし続けて馬群を追走。直線での追い出しのタイミングも絶妙でした。
ここはそのチュウワウィザードが海外遠征で不在です。ほかの強力馬の引退なども重なって古馬勢が手薄。それなら明け4歳になって春季のこのレースに狙いを定めて調整され、万全の態勢が望めるこの馬の巻き返しのチャンスでしょう。
逆転候補の一番手は5歳のレッドルゼル。前哨戦の根岸S(GⅢ、東京ダ1400m)を中団の後ろから追い込み勝ちしましたが、内容に味がありました。追い上げに鋭さがあるので嵌れば逆転。次いで▲は東京コースのこの距離に実績があるサンライズノヴァ。ただ、人気の一角になりそうで、他の先行勢の残りのほうが高配当になるかもしれません。△勢に注意。
【フェブラリーS】(2月21日、東京11R)発送=15時40分
◎ 3 カフェファラオ
〇16 レッドルゼル
▲ 9 サンライズノヴァ
△ 2 インティ
△ 6 アルクトス
△ 8 ワイドファラオ
△ 4 ヘリオス
馬連 3→16、9、2、6、8、4

小倉大賞典(GⅢ、1800m)はハンデキャップレースでフルゲート。油断できないメンバーですが中心には迷わずボッケリーニにしました。今年5歳になりましたが昨念8月末の小倉日経賞(OP特別)、11月のカシオペアS(L準重賞)で2着を続けたあと、12月中京で待望の重賞初制覇(GⅢ中日新聞杯、2000m)を挙げました。5歳になって本格化し、GI宝塚記念、天皇賞(秋)を勝ったラブリーデイの弟です。兄を追って晩成タイプの快進撃があるかもしれません。兄の思い出が強烈で、個人的に涙のエピソードがあります。応援を続けます。
【小倉大賞典】(2月21日、小倉11R)発送=15時20分
◎15 ボッケリーニ
〇 7 フェアリーポルカ
▲ 9 バイオスパーク 
△ 2 ヴァンケドミンゴ
△12 デンコウアンジュ
△ 1 カデナ
△ 3 テリトーリアル
馬連 15→7、9、2、12、1、3

» コメントを書く

2021年02月19日

「ダイヤモンドS&京都牝馬S」

今週のハイライトはダートのGIフェブラリーステークス(21日、東京1600m)ですが、ほかにも古馬のGⅢ・重賞が3レース組まれていいます。20日(土曜日)のレースがこの二つ。ちょっと3歳のクラシックがらみの重賞から離れて頭を冷やす思惑?
それもいいでしょう。ついでにコロナ菌と、あほらしくなる五輪がらみの騒動からもおさら馬となればさらに吉でしょう。
東京3400mのダイヤモンドステークスはハンデ戦。でも、距離が距離なのでそんな感じがしない負担重量です。ここはオーソリティでイケるでしょう。なんたってお世話になっていたテレビ東京杯・青葉賞の勝ち馬です。それだけでなく、故障から立ち直って秋には東京コース、2500mのGⅡ、アルゼンチン共和国杯を快勝しています。
次いでポンデザール、ボスジラ、グロンディオーズ、サトノガーネット・・・お好みタイプがそろったレースです。
【ダイヤモンドS】(2月20日、東京11R)発走=15時45分
◎ 3 オーソリティ
〇13 ポンデザール
▲11 ボスジラ
△10 グロンディオーズ
△ 5 サトノガーネット
△ 1 ナムラドノヴァン
△14 タイセイトレイル
馬連 3→13、11、10、5、1、14

もう一つの京都牝馬S(馬場は阪神)は1400mの別定重量戦。混戦になりそうです。先行すると思うイベリスを中心抜擢。あと、とくに狙ってみたくなるのは▲にしたビックインバイオ。
【京都牝馬S】(2月20日、阪神11R)発走=15時35分
◎ 4 イベリス
〇15 ギルデッドミラー
▲ 9 ビッククインバイオ
△ 7 アイラブテーラー
△14 ブランノワール
△ 8 リリーバレロ
△11 アフランシール
馬連 4→15、9、7、14、8、11

» コメントを書く

2021年02月13日

「共同通信杯&京都記念」

14日の日曜日は東京競馬場で明け3歳馬のGⅢ・共同通信杯、阪神では古馬の京都記念(GⅡ、2200m)が行われます。
見逃せない共同通信杯から。距離は1800mですが過去、多くの優駿がここを足掛かりにクラシック戦線、G1戦線で活躍していて「出世レース」と言われているほどです。今年は出走が12頭になりましたが粒ぞろいという感じがします。困るのは?これが怖い、これも・・・とチェックしていくと最多で7頭としている印が足りなくなること。運が悪いと、やむなくはじいた馬が飛んで来ます(笑い)。
◎は、やっぱりステラヴェローチェにしました。「やっぱり」と少し迷ったのは負担重量が賞金別定で、この馬だけ重い57キロを背負うから。でもクラシックを狙う馬ならこの斤量はこなしてくれないと。暮れの2歳GI・朝日杯FSで◎(2着)にしたのにほかの馬にしたら節操が無さすぎますよね。
強敵が多いです。皐月賞で良い思いをさせてもらったアルアインの弟シャフリヤールに〇、底力を感じるキングストンボーイを▲としましたが、伏兵陣(△)になってしまったエフフォーリア、レフトゥバーズも魅力が大きくてはずせません。
【共同通信杯】(2月14日、東京11R)発送=15時45分
◎ 3 ステラヴェローチェ
〇11 シャフリヤール
▲ 2 キングストンボーイ
△ 7 エフフォーリア
△ 8 レフトゥバーズ
△ 1 ディオスバエイエンテ
△ 9 ヴィクティファルス
馬連 3→11、2、7、8、1、9

阪神の京都記念は今度こそ・・・と気を入れ直してラヴズオンリーユー。相手は、ダービーで◎の期待に見事応えてくれたワグネリアン(福永裕一)。主戦が東京の共同通信杯のシャフリヤールに騎乗するので今回は武豊騎手になりますが、喉の手術をした後の休み明けでもケイコでは動いています。メンバーが手薄なのでここも抜け目に要注意。
【京都記念】(2月14日、阪神11R)発送=15時35分
◎ 4 ラヴズオンリーユー
〇 7 ワグネリアン
▲ 5 ダンスディライト
△10 ジナンボー
△11 サトノルークス
△ 2 ステイフーリッシュ
△ 8 モズベッロ
馬連 4→7、5、10、11、2、8

» コメントを書く

2021年02月12日

「クイーンC」

このあたりから明け3歳馬のレースは、牡馬・牝馬に限らず目を離せません。クラシックの桜花賞、三冠レースの第1戦・皐月賞があっという間にやってくる感じです。そこへ向かいたい有望馬にとっては厳しい出走権争いが繰り広げられます。13日の土曜日の重賞は牝馬のクイーンカップ(3歳牝馬、別定重量、東京1600m)。まだ桜花賞の優先出走権は付いていませんが、フルゲートの16頭になりました。かなり能力がありそうな優牝がそろった感じがします。大きな不利を強いられないレースで済めばいいのですが・・・
人気からいうと穴っぽい馬を狙ってみました。1戦1勝のレッジャードロに◎。1月9日に中山1600m戦でデビュー勝ちしたばかりですが、最後方の位置から4コーナー、大外を回りながら差し切ったのにはびっくりしました。そして、追い切りですごいタイムをマークしています。終わってから後悔したくないので踏み切りました。
〇のアカイトリノムスメは牝馬の3冠を制したアパパネの娘。デビュー戦(8月新潟、1600m)は1番人気で7着に終わって、ちょっといやなムードになりましたが、そのあと東京の1600m戦で2連勝。ほっとしました。もちろん逆転十分です。
▲のハッピーオーサムは9月中京のデビュー戦(1600m)は5着でしたが、立て直して臨んだ暮れの阪神2000mでは2分01秒4の好タイム勝ち。母が米GI・サンタアニタオークス(ダート8.5ハロン)の勝ち馬、それにディープインパクトの配合です。
ほかにも好気配が目に付くステラリア、ア-ルドヴィーヴル・・・⁵5指に余ります。
【クイーンC】(2月13日、東京11R)発走=15時45分
◎15 レッジャードロ
〇 6 アカイトリノムスメ
▲16 ハッピーオーサム
△ 7 ステラリア
△ 9 ア-ルドヴィーヴル
△ 4 リフレイム 
△ 2 ククナ
馬連 15→6、16、7、9、4、2

» コメントを書く

2021年02月06日

「きさらぎ賞&東京新聞杯」

JRAの競馬カレンダーは着々と進んで2月になりました。政府の緊急事態宣言が延長されて無観客での開催も当然のように延長されますが、かわいそうなのは一部のカメラマン。取材がごく限られた人数に規制されていて、報道目的なのにレースの映像を撮れないカメラマンがいるんです。あんな広い競馬場でそこまでの規制、必要なの?と頭をかしげます。
それはさておき、今週の重賞は7日(日曜)のきさらぎ賞(中京2000m)と、東京1600mの東京新聞杯(ともにGⅢ)。
きさらぎ賞は出走が11頭ですが、クラシックレースへ進みたい明け3歳の有望馬がそろったので注目度の高いレースです。
新進のダノンジェネラルを狙ってみました。昨年11月阪神、1800m戦でデビュー勝ちしただけの戦績ですが、その走りが印象に残っています。タイムは1分50秒4と平凡ですが、上り3ハロンが33秒4。レース内容が気に入りました。ここは休み明けの形になりますが追い切りの動きが◎なのでいきなりでも走れるはずです。
強敵は人気を背負うと思われるヨーホーレイク。新馬→黄菊賞を連勝。前走のGI・ホープフルSの3着はスタートで遅れて後方からの競馬になった展開の綾。巻き返し十分です。
単穴(▲)はランドオブリバティ。前走(ホープフルS)は先頭に立った4コーナーでなんと外に逸走。再試験は受かっていますし、今回は左回りコースなのでたぶん大丈でしょう。他では朝日杯FSで7着でも勝ち馬から4馬身弱の差だったドゥラモンに特注。
【きさらぎ賞(2月7日、中京11R)発送=15時35分
◎ 4 ダノンジェネラル  
〇 3 ヨーホーレイク 
▲ 9 ランドオブリバティ
△10 ドゥラモンド
△ 2 ラーゴム
△ 1 ジャンカルド
△11 アランデル
馬連 4→3、9、10、2、1、11

東京新聞杯はヴァンドギャルドのチャンス。追い切りの動きが目立っていたので2走前の富士ステークス(GⅡ、東京1600m)の時、思い切って◎に抜擢(⑤番人気)したらきれいに差し切ってくれました。別定重量で57キロになりますが、当時から1キロ増。ここはGⅢですからなんとかなるでしょう。
フルゲートの混戦模様ですが、最も気になる相手は昨秋の府中牝馬Sでサラキアの2着に追い上げた5歳牝馬のシャドウディーヴァ。当時と同じ54キロでの出走なので、ひょっとして逆転まであるかも・・・。あと、1600mがどうか?と思いますが東京コースは間違いなく好材料のサトノアーサーに単穴印(▲)。7歳になりましたがケイコでは動いていますし、実績上位の1頭です。
【東京新聞杯】(2月7日、東京11R)発送=15時45分
◎13 ヴァンドギャルド
〇11 シャドウディーヴァ
▲ 9 サトノアーサー
△12 トリプルエース
△ 1 ダイワキャグニー 
△ 2 サトノウィザード
△ 3 ロードマイウェイ
馬連 13→11、9、12、1、2、3

» コメントを書く