「フェブラリーS&小倉大賞典」

2021年02月20日

「フェブラリーS&小倉大賞典」

21日(日曜日)はJRA今年最初のGIレース、フェブラリーS(東京ダ1600m)です。ダート路線を歩む馬にとっては悲願のタイトル。中央競馬のダートのGIは春季のこのレースと、秋季のチャンピオンズカップ(中京、1800m)の二つだけですからね。
◎はカフェファラオにしました。前走のチャンピオンズCで6着に終わってしまいましたが、決して能力負けだと思えません。3歳勢からのただ1頭の挑戦でした。歴戦の古馬陣に揉まれた感じです。それと、勝ったチュウワウィザードが強いレースをしたんです。こんなに強かったの?と思ったほど。鞍上の戸崎騎手の手綱捌きが見事でした。ズブいタイプのはずの馬の気を抜かせないように励まし続けて馬群を追走。直線での追い出しのタイミングも絶妙でした。
ここはそのチュウワウィザードが海外遠征で不在です。ほかの強力馬の引退なども重なって古馬勢が手薄。それなら明け4歳になって春季のこのレースに狙いを定めて調整され、万全の態勢が望めるこの馬の巻き返しのチャンスでしょう。
逆転候補の一番手は5歳のレッドルゼル。前哨戦の根岸S(GⅢ、東京ダ1400m)を中団の後ろから追い込み勝ちしましたが、内容に味がありました。追い上げに鋭さがあるので嵌れば逆転。次いで▲は東京コースのこの距離に実績があるサンライズノヴァ。ただ、人気の一角になりそうで、他の先行勢の残りのほうが高配当になるかもしれません。△勢に注意。
【フェブラリーS】(2月21日、東京11R)発送=15時40分
◎ 3 カフェファラオ
〇16 レッドルゼル
▲ 9 サンライズノヴァ
△ 2 インティ
△ 6 アルクトス
△ 8 ワイドファラオ
△ 4 ヘリオス
馬連 3→16、9、2、6、8、4

小倉大賞典(GⅢ、1800m)はハンデキャップレースでフルゲート。油断できないメンバーですが中心には迷わずボッケリーニにしました。今年5歳になりましたが昨念8月末の小倉日経賞(OP特別)、11月のカシオペアS(L準重賞)で2着を続けたあと、12月中京で待望の重賞初制覇(GⅢ中日新聞杯、2000m)を挙げました。5歳になって本格化し、GI宝塚記念、天皇賞(秋)を勝ったラブリーデイの弟です。兄を追って晩成タイプの快進撃があるかもしれません。兄の思い出が強烈で、個人的に涙のエピソードがあります。応援を続けます。
【小倉大賞典】(2月21日、小倉11R)発送=15時20分
◎15 ボッケリーニ
〇 7 フェアリーポルカ
▲ 9 バイオスパーク 
△ 2 ヴァンケドミンゴ
△12 デンコウアンジュ
△ 1 カデナ
△ 3 テリトーリアル
馬連 15→7、9、2、12、1、3

» コメントを書く