「お疲れ様!W杯日本代表」

2014年06月27日

「お疲れ様!W杯日本代表」

ワールドカップのグループリーグ戦で残っていたG組とH組の最終戦が日本時間の今日27日、未明から朝にかけて行われ、決勝トーナメント進出の16カ国がすべて決まりました。

日付が変わった午前1時からのガーナ-ポルトガル戦は前2戦で得点がなかったロナウドがようやくゴールを決めてポルトガルが2-1で勝ちましたが、得失点差で米国に大きく及ばず敗退。絶対エースのロナウドはレフェリーの笛は鳴りませんでしたが厳しいマークに遭ってペナルティーエリア内で転倒。今日の主審はとらない(反則)ということなのか、やられたらやり返すというラフプレーが多く、ほかにも両チームにらみ合って一触即発のシーンもありました。「ワールドカップは戦争なんです」と聞いた言葉を改めて思い出しました。

ワールドカップで決勝トーナメントに勝ち上がるというのは大変なことです。今大会でも有力どころが次々に1次リーグ戦で敗退しました。世界ランキング1位のスペインに続いてイタリア(9位)、イングランド(10位)、そしてポルトガル(4位)・・・至宝ロナウドも傷心(傷身?)の帰国になりました。

25日のグループリーグC組最終戦でコロンビアと対戦して1-4で敗れて万事休した日本代表は、直接欧州へ向かう本田選手などを除いて昨日、帰途について、今日の夕方に日本に戻って来るようです。
本当に選手の皆さん、お疲れ様でした。がんばりましたけどね~。結果は厳しいものになりましたが、今大会は南米の活躍が目立ち、アジアを代表する4チームはどこも1試合も勝っていません。個人的には日本はやはり初戦がカギだったんじゃないでしょうか。そう思います。

ただ、戦犯さがしみたいなことはしないでいい。選手たちが試合後のインタビューでファンの皆さんに申し訳ないと言っていましたし、翌日の会見では途中で号泣する選手もいたと報じられています。でも、それはそれ。胸を張って帰ってきてください。一所懸命やったですし、がんばったと思います。今までで最強のチームだと言われていたんですが、結果はなかなか生まれないものです。拍手で迎えましょう。お疲れ様でした。

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント