「なでしこジャパン、準優勝」

2015年07月06日

「なでしこジャパン、準優勝」

なでしこジャパンの皆さん、お疲れ様でした。
「FIFA女子ワールドカップ・カナダ2015」の決勝が5日(日本時間6日)にバンクーバーで行われ、なでしこジャパンはアメリカ代表に2対5で敗れました。立ち上がりがカギだなあ~と思って中継画面を注視していたんですが、開始3分、セットプレーからアメリカがグラウンダーの奇襲?に出てエースストライカーのロイドが決めて先制点。これから、これからと応援していましたが、2分後にゴール前でもつれたと思ったらロイドに押し込まれて2点目。まだ、まだと思っていましたが、嵩(かさ)に懸かるアメリカの攻撃は止まりませんでした。14分にホリデーの3点目。その2分後の4点目はまたもロイドでした。しかも、GK海堀が前に出ているのを見たのでしょう、センターラインからの超ロングシュート。海堀が必死に戻ってボールを弾こうとしましたが、角度は変わったもののボールは枠内へ。参った・・・です。改めてすごい選手だと思いました。
 開始から16分間で4失点。それでも日本は27分に大儀見の鮮やかなゴールで1点を返します。33分にはDF岩清水に代えて澤を投入。後半に入って52分、澤がゴール前に詰めて競り合い、オウンゴールを誘って2点差にしました。でも、ここまででした。そのあとアメリカに5点目が・・・。でも、なでしこは最後まであきらめない姿勢で戦い抜きました。なでしこらしいパス交換から相手ゴールに迫るシーンもありました。
“いいな~”と思ったシーンは試合終了後にもありました。史上初めての女子W杯連覇の夢が打ち砕かれたのに、なでしこジャパンの面々は優勝を喜ぶ米国代表に拍手を贈って称えていましたよね。これがスポーツの戦い方でしょ。佐々木則夫監督も泣き言は言いませんでした。「本当に最後の最後まで選手はよく走ってくれたと思います。僕自身選手に誇りに思っている」とコメントしています。
考えてみてください。ワールドカップ(サッカー)でファイナル(決勝)まで勝ち上がるのがいかに大変なことか。グループ予選を戦って決勝トーナメント(ベスト16)に進みとほとんどの試合が1点差で、決着がつかずPK戦になることも。これでアメリカが世界ランク1位になるでしょうが、世界ランク1位だったドイツは準決勝でアメリカに0-2で敗れ、そのあと日本(同4位)が2-1で下したイングランド(同6位)と昨日(日本時間)3・4位決定戦をやって0-1で敗れています。強豪ドイツが失った1点は相手に与えた痛恨のPKでした。イングランドは今大会、初のセミファイナル進出。そして銅メダルを手にし、大騒ぎしているんです。ディフェンディングチャンピオンの重圧の中、接戦をものにしてファイナルに進んだ「なでしこジャパン」の健闘を称えて惜しみない拍手で迎えましょう。

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント