「またマレーシア!旅客機消息絶つ」

2014年12月29日

「またマレーシア!旅客機消息絶つ」

年末を海外で過ごす方も多いと思うんですが、気になるニュースが入って来ました。またマレーシアの航空機事故です。乗客155人と乗員7人、計162人が搭乗し、インドネシアのスラバヤからシンガポールに向かっていたエアアジア(本社マレーシア)の8501便(エアバスA320型)がインドネシア・カリマンタン島付近の上空で消息を絶ったということです。

離陸から42分後の昨日午前6時18分、救難信号を出すことなく更新が途絶えた。外務省によれば乗客名簿に日本人の名前はないということですが・・・。「エアアジア」はマレーシアの首都クアラルンプールを拠点にするアジア最大手のLCC、格安航空会社です。グループ会社が日本ともクアラルンプールと羽田、成田、関空などを結んでいました。乗られた方もいらっしゃるでしょう。今は運航を中止していますが来年、また参入する予定と聞いています。これまで大きな航空事故を起こしたことがない会社です。

マレーシアといえば今年3月、クアラルンプールから中国・北京へ向かったマレーシア航空の370便(乗客・乗員239人)が消息を絶ったまま今も行方が断定できないままです。そして7月、同じマレーシア航空のボーイング777型機がウクライナ上空で撃墜されて、乗客・乗員298人が全員死亡。地対空ミサイルで撃墜されたとみられ、欧米とロシアが対立が続いています。これは論外の悲劇で言いたいこともあるのですが・・・

どうも、3月の事故と今回の事故は気象との関連があるのかもしれません。今回のエアアジアの便の機長が、交信が途絶える5分ぐらい前に、雲を避けるためにルートと高度を変える連絡をしているということです。その時、旅客機が飛んでいたと思われる場所の衛星写真には発達した積乱雲があって、欧米のメディアがそれを伝えています。今、マレーシアではモンスーンが発生していて大規模な洪水も発生している状態だそうです。
それにしても、なんでマレーシアの航空機ばかりが事故に遭うんでしょうか。日没に加え、悪天候もあって捜索が一時打ち切りになったようですが、信頼できる情報が伝えられるまで憶測はやめておきましょう。

話は変わりますが「とくダネ!」は通常の番組は今日までですが、明日もあります。放送時間を3時間に拡大してお送りしますが、それが今年の最後の放送になります。みなさん、良いお年をお迎えください。

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント