「原発の汚染水」

2013年09月03日

「原発の汚染水」

五輪招致にも影響があるんじゃないかと言われている福島第1原発の汚染水問題ですが、政府は今日、原子力災害本部の会合を開いて総合的な対策を示すそうです。これに先立って茂木俊充経済産業大臣が昨日夜、BSフジの番組に出演されました。汚染水対策にについて、次のようにお話になっていました。

「汚染してしまった水、これをどう浄化していくか。これは東電任せにしては進まない。国が前面に出ようと、こんなふうに考えています」

汚染水対策に関しては安倍総理大臣も政府が主導して行くとおっしゃっているんですが、これは大変だと思うんですよ。福島第1原発には毎日、およそ1000トンもの地下水が流れ込んでいるそうです。これが建屋内に入ると高濃度の汚染水に変わってしまう。この汚染水が増えないようにする?

今は水脈に沢山の井戸を掘って手前で汲み上げているんですが、これでは追いつかないで入り込んでいるわけです。で、凍土壁という、土壌を凍らせて壁を作って建屋を囲って、地下水が入り込まないようにするようです。大変な作業で、お金も莫大にかかるでしょう。さらに、建屋に溜まっている汚染水をどうするか?これを汲み上げて核汚染物質を取り除かなければなりません。

現在、汚染水の浄化にはアルプス(ALPS)という装置ができていて、まだ稼働できていませんが、これを稼働できるようにして数も増やしていくような話も出ています。そういうことをしても、まだ漏れ出てしまう地下水からの汚染水については地盤を改良する、堤防のように海側に遮水壁を作って汚染水が出ないようにするとかいうようなことも考えているようです。

でも、これは汚染水だけの問題ですよね、いま語られているのは。原子炉の廃炉まで数十年かかると言われています。廃炉をどうするのかとか、原発周辺の汚染されてしまった土地をどうするのか。そういうことを全て含めると、この先、何十年間、こういうニュースに私たちは追いまくられなければならないと思うと…。

いまさら言っても始まりませんが、原発を開発した科学者の方たちや利用に踏み切った関係者の方たちは、今回のような事故が起きたときのことは考えていなかったんでしょうか。絶対、事故は起きないと思ったのかもしれませんが…。人間の作った物は壊れるものだと私なんかは常々思っているんですけどね

参考資料:毎日新聞:福島汚染水漏れ、国費470億円投入へ

Knac:福島第一原発、新型浄化装置ALPS・・・

 

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント