「善意の暴走?」

2013年06月26日

「善意の暴走?」

尖閣(諸島)の問題に関して、元・総理の鳩山由紀夫さんがよりによって香港のテレビ局の取材に「日本が盗んだ」というような発言をしてしまったんですね。これ、どういう意図なんでしょうか?  映像(フェニックステレビ)をみると、たしかに「中国側からみれば、(日本が)盗んだというふうに思われてもしかたがない」と発言しています。

「とくダネ!」のディレクターが昨夜、鳩山さんが自宅へお戻りになるのを待ってこれについて質問しましたが、その内容を聞いても「えっ?」ということがあります。日本政府が外交をやっている中で元総理の方がそういう発言をすると二枚外交になってしまうんじゃないか、中国側にその発言が利用されてしまうんじゃないかと危惧されていますが、冒頭の「盗んだ」発言については真意と違うということなのか「していない」否定はしました。ただ、そのあとわが国固有の領土という日本政府の見解については持論を展開。そして「固有の領土」について「もっと勉強していただきたいということです」と答えていました。

ポツダム宣言のときの「固有の領土」に対する考え方を鳩山さんはおっしゃったわけですけど、鳩山さんの発言が中国に向けて香港のメディアを通じて同じようなことをおっしゃったということであれば、これは日本の国益にも関わることですから官房長官や永田町が大騒ぎになっても当然、ということだろうと思います。

政治ジャーナリストの伊藤惇夫さんは電話での出演で、ひと言で鳩山さんの性格を言うと「善意の暴走族」といった感じ。悪意はないと思うのですが、相手の気持ちにそこですぐ同化してしまって相手の立場に立って発言してしまう。今回の場合も中国側の立場にいつの間にか立ってしまった。沖縄の基地問題でもそうだった。善意で発言されているんですが、結果は最悪になってしまう。そういうパターンの繰り返しでは…と分析していました。

なるほどなあ…と思います。確かに沖縄での発言、「少なくても基地(普天間)は県外」という沖縄向けの発言をしたり、日本政府の制止を押し切ってイランに行ってしまったりとか…過去にも事例があります。

鳩山さんの今の立場を考えると、政治家はお辞めになりましたので1日本国民なのかもしれませんが、ただ「元総理」ということを考えると公的な発言というふうに受け取られてもしょうがない部分もあるわけです。この発言が中国でどのように利用されるんでしょうか?気になります。総理としてはあまりにも短か過ぎた期間でしたが、一応「元総理」ですから、もうちょっと考えて発言してもらいたいなと思うんですけどね。

参考資料:読売新聞:鳩山元首相「尖閣盗んだ」発言・・・菅長官「絶句」

朝日新聞: 「尖閣、盗んだと思われても仕方ない」鳩山元首相が発言

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント