「小倉智昭、闘病報告」

2018年12月13日

「小倉智昭、闘病報告」

闘病の御報告

先月最後の日、11月30日、手術室入室直前、『めざましテレビ』の星座占いで私の双子座は最下位の放送。最高のギャグに送られ手術に向かいました。

9時間後、麻酔から覚めた私の第一声は「仕事はせずに、ずっとゴルフをやっていて疲れた」だったようです。

早いもので、2週間経過しました。お陰様で担当医師が「驚異の回復力」。「今までで、ここまで順調な例はありません」と真顔で言います。どうやらおだてではなさそうです。

7本のうち残された最後の1本の管は、来週月曜に抜かれ、いよいよ本格的リハビリのスタートです。

今朝から食事は普通食、術後1日目は100メートルだった日々の歩行距離は、5000メートルになろうとしています。

予定では、退院は20日頃のようですが、自宅での更なるリハビリと、からだ作りに励み、以前より元気な小倉智昭の姿でお会いしたいと思います。

皆さんからメール、お手紙など、様々な御心配をいただき感謝しています。

途中経過を一斉LINEにすることをお許しください。

「僕はまだ死にましぇーん!」

 

(2018年12月13日8時49分、iPhoneから送信)

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント