「思わず涙が・・・」

2014年08月29日

「思わず涙が・・・」

このニュースを知ったときは、思わず泣いてしまいました。かわいらしいワンちゃん、盲導犬なんですが、何者かに刺された傷があるんです。本当にひどい話です。名前はオスカーと言って、さいたま市に住む全盲の男性と7年もの付き合いになるそうですが「私の体の一部、目」とその男性は言っておりました。一緒に電車通勤していたそうです。

先月28日、職場に着くとマッサージ士の同僚がオスカーの異変に気づいた。お尻のあたりに直径でいうと20センチぐらいの流血があって、かなりひどい状態だったと言います。でも着せている服が破れていない。めくってみると刺し傷があったたそうです。フォークで刺されたような傷が4カ所も・・・。どうみても、これは故意でしょう。
でも、全盲の男性は気づかなかった。なぜなら、オスカーは刺された時、まったく鳴き声を上げなかったそうなんです。男性はその日のうちに警察に被害届を出していますが、まだ犯人は捕まっていません。

オスカーを訓練した盲導犬の団体も怒りを隠せない状態が続いています。「57年以上、こういったことをやってきていますが、こんなことは初めて。何と言ったらいいか・・・言葉にならないですし、あってはならない事件だと本当に残念なことと思っています」と話していました。

本当に盲導犬って育てる時から善意の方に頼んで、時をみて離別させて過酷な訓練に入るんです。ですから痛みも訴えなかったのだと思います。つらかったでしょうね~。普通の犬のように盲導犬が吠えるところ、見たことないでしょ?そんな訓練をします。
少しあとで知ったのですが、オスカーが訓練を受けた場所は、私の自宅の本当にすぐそばです。訓練は依然からよく目にしていました。周辺の道路とか踏切とか信号とかで、雨の日も風の日も強烈に大変な訓練をしているんです。そんな訓練を続けて、信号のところでじっと渡れる時まで待つんです。
一匹の盲導犬を育てるのは人にとっても犬にとっても、とてつもなく大変なことなんです。それを・・・私も大の犬好きで家にもいますが、オスカーがかわいそうで残念で涙が出ます。

*あすから夏休みを取らせていただきました。1週間の予定です。

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント