「日本、ブラジルWCへ」

2013年06月05日

「日本、ブラジルWCへ」

いや~、しかし昨日のゲーム(サッカー、日本-オーストラリア)、ハラハラしました。私、まだ動揺が走っている感じがします。要は日本が見事に、最後、本田のPK(ペナルティー-キック)で同点に追いついて(1-1)ワールドカップ(WC)出場を決めました。いや、本当に良かった

世界で一番早いブラジル(2014年WC開催)行き決定です。ゲームが行なわれた埼玉スタジアムの熱気ははもちろん、パブリックビューイングが開催された国立競技場、スポーツバーやご家庭でも…日本中あちこちが興奮の渦に包まれたのではないでしょうか。

後半36分、オーストラリアが先制点。左サイドからのロングクロスと思われた浮き球が、そのまま右脇に入ってしまいました。時間が時間ですから苦しいと思いましたが、日本代表は最後まで浮き足立たずに攻めました。そしてアディングタイム(ロスタイム)、本田のゴール前へのクロスに相手ディフェンダーがハンド(反則)。

本田が“俺が決める”とばかりに、このボールを離しませんでしたね。そして蹴ったのがゴールキーパーが構えるド真ん中。ふつう、キーパーは左右、コースを読んでどちらかに動くことが多いんですが、かといって必ず動くとは限りません。こんな大事な試合で、しかもラストチャンス。6万2000の大観衆、そして日本中のファンが固唾を呑む中、それを決断したというのがすごいです。本田選手は質問に「結構緊張していたので、真ん中に蹴って取られたらしゃあないと思って蹴った」と答えていました。

日本はこれで5大会連続のWC出場ですが、2002年の日韓共催のときは予選免除、ほかの3回はいずれもアウェーでの決定でした。ホームでは今回が初めてです。盛り上がり方が違いますよね。それに輪をかけたのが本田の劇的な決定弾でした。本田選手のみならず日本の代表選手のメンタリティの強さもかなり上がってきたように思いました。

参考資料:サンケイスポーツ:埼スタの奇跡!本田、ロスタイムW杯弾決めた!

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント