「日本、惜しすぎる!敗退」

2018年07月04日

「日本、惜しすぎる!敗退」

FIFA2018・ワールドカップ決勝トーナメントのベルギー(FIFAランク3位)VS日本(同61位)が2日(日本時間3日午前3時~)行われ、日本は2-3でベスト8進出は成りませんでした。でも、いい試合でしたね~。苦戦は覚悟の上だったと思いますが、日本は各ポジションの選手たちが自分の役割に全力で取り組み、世界を驚かせる大健闘をしました。

前半を0-0で終えると後半の立ち上がり早々、右MF芝崎の前方へのスルーパスを駆け上がった原口がシュート。これが逆サイドの左ネットに決まって先制(後半開始3分)。皆さんもそうでしょうけど、絶叫しましたね。そのあとベルギーの逆襲にひやひやもしたんですが、日本はこれだけではありませんでした。今度は左サイド、乾です。香川がシュートコースがあるのを読んだかのように乾へ送ると、これを右脚一閃。一瞬、えっ!本当に決まったの?と思うほど速くて強烈なシュートでした。

別の角度の映像のリプレーを見ると右サイドに突き刺さっていました。しかもそのボール、全く回転が掛かっていない。野球のピッチャーでいえば変化球でなく直球ですから速い訳ですよ。きれいな凄いミドルシュート。原口の先制ゴールからわずか4分後(後半7分)で、2対0。これは“ひょっとして”と思いましたよ。逆に後半の時間がたっぷり残っているので不安にもなったんですけどね。

これはまずいと思ったんでしょうか、ベルギーの監督は後半20分、190センチ前後の長身のMF二人を交代で入れて来ました。これが流れを変えたようです。1点目のヘディングは山なりだったんですが川島を超えて右隅へ、さらに空中戦を制したもう一人の交代選手にヘディングの同点弾。立て続けに2点を返されてしまいました。そして本田を出してなんとか延長戦という期待も破られたのが終了間際のカウンター攻撃。アディショナルタム(ロスタイム)も残り10数秒だったんですが・・・。惜しかった~、日本。決勝トーナメントで勝つという悲願が、逃げていきました。

でも、今までの点を取れなかったW杯とは違います。しかも相手は今大会の優勝候補の一角、ベルギーです。日本は本当に良くやったと思います。ベルギーが改めてどれだけ強いチームなのかというと、2016年から一度も負けていないんですよ。22戦して17勝、5引き分けで、今回、ワールドカップに臨んで、グループリーグ(G組、3戦)で9得点。ベルギーが一番得点が多いんです。そのチームを日本がここまで追い詰めたんですですから、僕は本当に立派だったと思います。この西野Japanの戦いぶり、世界のメディアは驚きと称賛をもって一斉に報じています。

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント