「日本、W杯歴史的勝利」

2018年06月20日

「日本、W杯歴史的勝利」

日本がコロンビアに勝ちました!

実はですね。昨日(19日)、番組(とくダネ!)が終わって、番組ではいつも反省会と次の日の予定を話し合うんですが、私は普段は何も言わないことが多いんです。ところが昨日に限って言ったんです。「みんな、日本が負けると思っているけど、日本、勝つよ」と。だから「渋谷とかに行って撮影しておいたほうがいいよ。そこから一気にワールドカップ(W杯)は盛り上がるから」と。そう言った時にスタッフの私を見るあの蔑(さげす)んだ眼、冷たい眼。(スタジオ、爆笑)

でも今回、コロンビアに勝って「奇跡」だって言っていますけど、僕は「奇跡」だとは言えないと思いますよ。フォワード(FW)に起用された大迫のシュートのこぼれ球を、よく見ていて香川がすかさずシュートを打った。大迫のシュートを防いだ相手ゴールキーパーは間に合わないし、香川の打ったシュートは枠内だったからコロンビアのMFサンチェスは止められなくて右手を出したんですよ。あの右手が無かったら決まっていましたよ、ゴール。あの時点で1対0だったんですからね。

これが試合開始早々の3分の出来事で、主審は見逃しませんでした。ペナルティーエリア内のことですから、PK(ペナルティキック)を逃れようとコロンビア側は抗議したんですが・・・悪いことに腕を隠そうとするようなシーンもリプレーの映像に見られました。そして日本にPKが与えられて、さらに悪質ということでサンチェスにレッドカード。一発退場で、コロンビアは10人になって日本は開始早々、大きなアドバンテージを得たんです。

それが大きいのは言うまでありません。香川はひと騒動が収まった6分にコロンビアのGKの動きをみて冷静にPKを決めたんですが(先制点で1-0)・・・ただですよ、サンチェスのハンドの反則がなくて香川のゴールだったら、同じ1-0でも香川のモチベーションはPKなんかよりもっと上がっていたでしょ。そうなったら、分かんないですよ。

試合は前半39分、キンテロにさすがというFK(フリーキック)を決められて1-1で前半終了。後半、出だしはお互い相手の様子を探るような感じでしたが、そのあと日本が猛攻に転じて得点か?というシーンも再三あったんですが、なかなかゴールが決まりません。ここはチームに心機一転、本田(投入)かな~と思っていたら西野監督が踏み切りました。香川に替えて本田。その3分後(後半28分)、本田の左コーナーキックを敵味方入り混じる中からジャンプした大迫のヘッドが決まりました。私もそうでしたが、日本列島、歓喜の絶叫が沸き上がったのではないでしょうか。

ワールドカップで日本が南米のチームに勝ったんです。初めてなんです。アジア勢でも勝ったのも初めて。歴史的な勝利でした。

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント