「爆弾低気圧、北海道を直撃」

2014年12月17日

「爆弾低気圧、北海道を直撃」

昨日から明日にかけては日本列島、爆弾低気圧で大変なことになりそうです。昨日から急速に発達している低気圧が北日本を襲っていますが、特に北海道では見通しが全くきかない猛吹雪に厳重な警戒が必要となっていて道東のオホーツク沿岸部、湧別町、紋別市や中標津町、別海町、根室市、さらに釧路市などでは激しい雪が風を伴って横殴りになっている状態。風もだんだん強くなっているようです。
十勝地方の糠平(ぬかびら)、新得(しんとく)、帯広市なども積雪が多く、帯広市では雪で車が動けなくなったという通報が40件から50件寄せられていて、急激に積もった雪に除雪が追いつかず混乱していると言いますし、沿岸部の別海町などでは高潮のおそれがあるとして該当地域に避難指示を出していて、ほかの地区にも避難勧告が出されています。高潮が警戒される釧路港では白波が立ち岸壁を乗り越え始めたそうで、今後、波はさらに高くなり猛烈にしけると予想されています。
今朝の時点では札幌はまだそれほどの空模様には見えませんでしたが、千歳空港へ向かう予定だった知人の話では欠航で行けないということでした。今日、道内では小中学校ではおよそ550校が臨時休校を決めていますが、雪と台風が一緒になったような“暴風雪”なので外出を控え、避難の指示、勧告などが出たら速やかに行動していただきたいと思います。
それと車。冬の北海道で車の運転をすることがありますが、ひどい時は本当に目の前が真っ白になります。怖いです。それと、道路がどこにあるのか分からなくなるときもあるんです。北海道の方は雪道には慣れているんですが、それでも今回は危険です。専門の気象予報士の方によると、この低気圧は暴風に雪を伴うので「ホワイトアウト」視界不良になること、気温が低いので外に出ると一気に体温が奪われること、そして最後に今回は「動きが遅い」を挙げています。長時間続くということですので十分注意されてください。命にかかわる人的被害が出ないことをお祈りします。

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント