「藍ちゃん、ご苦労さま!」

2017年06月13日

「藍ちゃん、ご苦労さま!」

先週の女子ゴルフツアー、サントリー・レディース(8~11日、兵庫・六甲国際GC)ですが、今季限りで引退することを表明した宮里藍(31=サントリー)の“国内最終戦”を見ようと連日、大勢の観衆が押し掛けました。初日は1アンダー71で22位スタートでしたが、2日目が2オーバーの74(50位)。優勝争いから遠のいた感じのラウンドになってしまって第3ラウンドも71で終わってトップ争いから離されてしまいます。そして迎えた最終日、11日。スコアは1アンダーの71(トータル-2、26位タイ)に終わるんですが・・・

言うまでもないことなんですが、ゴルフはメンタル面がもろに出ます。大観衆の注視を浴びての国内最後の試合。そんな状況に中で藍ちゃん、こらえて、こらえて一生懸命やっていましたよ。そして迎えた後半、10番で見事なチップインバーディー。さらに12番、距離のあるバンカーだったんですが、うまいですよね~。見事にこれもチップインバーディー。観客を沸かせました。14番でもバーディー。そして18番も・・・魅せますよね~、ギャラリーで埋まった中で。長~いパーパットでした。5メートルぐらいあったでしょうか。これを見事に決めてガッツポーズ!

藍ちゃん、この前の引退会見でもそれほど多くの涙は見せなかったんですが、この日はは最後、やはり堪えきれませんでしたね。「私にとって一生残る1週間だったと思います。これ以上しゃべるとちょっと泣いてしまいそうなので・・・。まだ、残りのシーズン・・・」と話したところでギャラリーから「愛ちゃん、ありがとう!」。中断のあと気を取り直して「残るシーズン、優勝を目指して、アメリカツアーの方もメジャーが残っているので優勝を目指して、引き続き感謝の気持ちを胸に頑張っていきたいと思います。もう少しお付き合いいただけるとうれしいです。ありがとうございました」。

このシーン、何度見ても、もらい泣きしそうになります。藍ちゃんはアメリカのトーナメントで頑張ったんですが残念ながらメジャー大会は一つも勝っていないんですね。今シーズンも残りがまだありますのでメジャーに向けてアメリカで最後まで頑張って、日本の試合もいくつかオファーがあるんだそうですよ。当然ですよね、藍ちゃんが出てくれたらギャラリーが集まりますから。でも、日本の国内戦はこの試合が最後になるのか。そのへんは藍ちゃんの気持ち次第ということではないでしょうか。とにかくご苦労さまでした!

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント