「錦織圭、準決勝進出!」

2014年11月14日

「錦織圭、準決勝進出!」

1日置きに寝不足になっていますが、今日は爽やかな朝を迎えました。錦織圭選手がまたやりました。ベスト4進出です!
プロテニス男子の年間成績上位8人による今季最終戦、ATPツアー・ファイナル(英・ロンドン)の第5日、ここまでB組で1勝1敗だった錦織選手はベスト4進出をかけて試合に臨みました。日本時間の13日~14日の深夜に行わたんですが、対戦予定だったミロシュ・ラオニッチ(23、カナダ、ランク8位)が太ももの負傷で急きょ棄権、代わって補欠のランク10位、スペインのダビデ・フェレール(32)選手との対戦。しかし、直前に対戦相手が変わっても動じるところはありません。第1セットは4-6で失いましたが、次第に調子を上げて第2セットを6-4で取り返すと第3セットは信じられないようなショットを連発してフェレール選手を圧倒。5ゲームを連取(5-0)したあと1ゲームを与えましたが、7ゲーム目で決めて6-1。セット2-1で勝ちました。
私も楽天・ジャパンオープンの時に生で見ましたが対戦予定だったラオニッチは高い打点からものすごい強烈なサーブを打ち込んできますから、その対策を講じていたと思うんですよね。対戦相手が変更になったのは試合開始の1時間半ぐらい前の出来事。しかもフェレール選手はストロークが得意で拾いまくるようなタイプ。プレースタイルが違うので対応が大変だったと思うんですが・・・。とくに第3セットの錦織選手は次元が違うようなプレーでした。
このの試合のあとにフェデラー選手とマレー選手の試合があって、今朝6時ちょっと過ぎに決着。フェデラーが全盛時のようなプレーで圧倒して2-0で勝っています。これで錦織選手はB組2位で準決勝に進出しました。アジア勢で初めてで、素晴らしいです。
ただ、私はまだ拍手をしませんよ~(笑い)。A組は世界ランクの1位のジョコビッチが2勝していて、1位進出が濃厚。準決勝でこのジョコビッチを破って、まず拍手。そして決勝でフェデラーに勝って、もう拍手ではなくて万歳!です。

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント