「黒い袋」

2016年03月11日

「黒い袋」

3月11日を迎えました。東日本大震災から5年目です。
カレンダー上でみると私たちは月日が経つのは速いねという感覚なんですが、被災地の皆さんはどうなんでしょう。復興の度合いから考えると、“遅い5年間”だったんじゃないかなと思います。
今朝の番組、とくダネ!で同僚の笠井アナが「5年間取材を続けてきて、今年初めて被災地、被災者という言葉を向こう(現地)で使わなくなりました。というのは、町も人も、思いも現状も、あまりにも差がありすぎて、一つの言葉ではくくれなくなってしまっている」と言っておりましたが、私もそれは感じます。地震、津波、そしてそれに福島の第一原発事故がからんだところは全く別。さらに同じ市町村でも場所、地域によってよって大きな違いがあるからです。復興が進んでいるように見えるところがある反面、復興とはほど遠い「時間が止まっている」ように感じるところもあるんです。
とくダネ!のスタッフもそれぞれチームを組んで取材して来ていて、11日は菊川玲さんが岩手県宮古市の田老地区、ここは巨大津波で大きな被害に遭ったところですが、そこから生中継でした。笠井アナは宮城県の女川町や南三陸町などを取材してきています。私は今回も福島に行ってきました。福島第一原発の膝元、大熊町、双葉町。そし隣接する浪江町・・・
手元の資料に放射能物質による汚染物質、“汚染ゴミ”の数量というのが書いてあります。12都県で17万トン。数字を聞いただけではピンとこないと思いますが、例えば2トン車では8万5000台と言うとかなりの量と分かりますよね。福島ではこの数量が、なんと15万トン近くある。これが黒い袋に詰められて仮置場に積まれています。袋は縦横1メートルですから、それが福島だけで2200万袋。東京ドームの16倍ぐらいの量になるそうです。これからこの“ゴミ”、いつになったら放射線量が減衰していくのか、はっきりとは分かりません。
そして、この黒い袋の行先が決まっていないんです。中間貯蔵施設を作る予定にはなっているんですが、地権者との話し合いなどが遅々として進まない。空き地((仮置き場)に山のように積まれたままという状態なんです。それが各市町村のあちこちにある。だから、どこへ行ってもこの黒い袋が目に入ります。
新たな問題も出てきています。国の指針で緊急時の年間被ばく線量が100ミリシーベルトで、それに達する作業員が増えていて人がいない?あるいは、第一原発から漏れる汚染水の貯蔵タンクが1000基に達して新たに作る余地がなくなってきているとか大きな問題があるのですが、道すがらでも目に入った「黒い袋」の光景が脳裏から消えません。
午後2時46分、亡くなった方たちに私も黙とうさせていただきました。

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント