「MLB大谷、初球初安打」

2018年03月31日

「MLB大谷、初球初安打」

日本もプロ野球が30日開幕しましたが、メジャーリーグ(MLB)が29日(日本時間30日)、時間的には一足早く開幕。注目の“二刀流”で挑戦しているロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平選手が8番・DH(指名打者)として敵地のオークランド・アスレチックス戦でデビューしました。

出番が回ってきたのは1点を先制した二回2死一塁。アスレチックスの先発右腕、グレブマンが投げた初球を叩くと一、二塁間をゴロで抜いてライト前へ。いわゆる“動く球”で、真っ芯とはいきませんでしたが、打てる球(ストライクゾーン付近)が来たら打つと決めていたんでしょう。試合後のインタビューで本人は「インコースのカットボール」と言っております。

それにしても初球を打ってヒットですからよかったね~。これで打線がつながって2得点目になっていますし、ほっとしたんじゃないでしょうか。オープン戦では投手の投げるタイミングに合わず絶不調でした。マイナーから出直した方がいいという現地報道も少なくなかったようです。

バッティングフォームが日本の時と変わっていましたね。日本では足を上げるフォームでしたが、上げない打法に変えていました。まだ日が浅いようで本当に身に付くまで時間がかかりそうですが・・・。この日は同点で延長戦(5-6Xでアスレチックス勝利)になりましたので5打席まで回ってきて、2~4打席が内野ゴロ、最後の5打席目は高めに速球を投げられて初三振を喫しています。

ただ、ファウルで粘る打席もありました。案外早く慣れてくるかもしれません。そして投げる方、すぐやってきます。現地4月1日(日本時間、同2日)の同シリーズ第4戦で初登板する予定です。私はむしろ、こちらの方が心配です。ボールの違い、マウンドの傾斜の問題、日本では速さで打たれなかったフォーシームが簡単にフェンス越え・・・どんなことがあっても、あせらずやってほしい気がします。

 

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント