【内村連覇!奇跡の大逆転】

2016年08月11日

【内村連覇!奇跡の大逆転】

いや~、もう声が枯れています。2日前の男子体操団体総合の優勝の時もそうだったんですが、今日10日(日本時間11日)の個人総合。1種目目の「床」から「あん馬」「吊り輪」「跳馬」・・・と、ずっと発表される得点を付けながら何点差なのか考えながら見ていたんです。そうしたらリードしていた好調なウクライナのオレグ・ベルニャエフが5種目目の平行棒でなんと「え~っ!」と思う16.100という高得点をマーク。最後の鉄棒を残してベルニャエフと内村航平の差は0.901点差。体操にちょっと詳しい方なら分かると思います。落下があれば1点の減点がありますが、残るのが1種目で、この点差を逆転するというのは無理なんです。ですから私も、これはよほどのことが起きないと優勝=連覇はできないなと思いました。
ただ、ベルニャエクが平行棒のあたりから青いタオルを被ってブルブル、ブルブル震えていたんです。だから、これはひょっとしたら大逆転があるかもしれないと思っていたら、ホントにそういうことになりました。まず、内村が高難度の技を次々にこなして着地もぴたり。すごい演技で15.800(今大会最高得点)。それでもベルシャエフが14.899以上マークすると内村は「銀」。ベルシャエフにとっては難しい得点ではありません。そして最後のベルシャエフ。演技の難度は内村より落ちていましたし、着地でも前に踏み出しました。どんな点数になるのか固唾をのんで発表を待ちました。そして出たのが14.800。その瞬間、私は「やった~っ!!」「勝ったぞ~っ!!」。絶叫を続けていました。そのシーンは日本時間の今日11日の映像でご覧いただけたと思います。
それにしても内村選手の精神力はすごいです。団体予選、団体総合、そして個人総合と1日置きにその全種目に出て、疲れ切っているはずなんですが・・・最後にこんな演技ができるんですからね~
インタビューで「もう出し切りました。もう何も出ないところまで出し切って獲れたので、『うれしい』より一番の幸せ者だと思います」と話していましたが、私も見ようと思っても見ることができないこんな奇跡の大逆転を目の前で見ることができて「幸せ者」です。内村航平君は2012年のロンドン大会に続いて五輪男子個人総合を連覇。日本選手では44年ぶりという快挙でした。
同じ日に、私はそうとは思っていませんでしたが、あとで聞くと関係者や専門の知識が豊富な方ほど奇跡的とか驚いたと言う「金」が2つありました。体操の個人総合とほぼ同じ時間帯に行われた柔道です。女子-70キロ級の田知本遥(たちもと・はるか)、そして男子-90キロ級のベイカー茉秋(ましゅう)選手。二人とも大きな国際大会での実績はそれほどありません。しかも、この二人の出場した階級はパワーのある外国の有力選手がそろっていて、日本のきれいな柔道は通用しなかった。だから、ここで勝ったというのはすごいことなんです。
とくに茉秋君が勝った男子90キロ級は鬼門で、今回が五輪で初めての優勝でした。しかも彼はまだ21歳。2020年の東京五輪を考えると日本の柔道界にとって頼もしいエース誕生でしょう。田知本さんはロンドン五輪(7位)、マスターズ大会(3位)に出場していますが、国際大会での優勝はありません。それが、いきなり五輪で並みいる強豪を次々に破って頂点まで勝ち抜きました。インタビューのあと、出場できなかった姉・愛(めぐみ)さんのところへ行って首へ金メダルをかけてあげる姿がほほえましかったです。

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント