「エプソムC&マーメイドS」

2020年06月13日

「エプソムC&マーメイドS」

東京競馬場を舞台に激戦が続いてきた春季のGIシリーズが先週の安田記念で終了。今週は14日の日曜日に東京でエプソムカップ(3歳以上、別定重量、1800m)、阪神で同牝馬のマーメイドステークス(ハンデ、2000m)の2つのGⅢ重賞が行われます。東西とも梅雨入りして断続して降り続く雨、雨・・・。コロナもまだ楽観はできないし、どうも予想のモチベーションが上がりません。一休みしたいぐらいです。

エプソムCは一昨年、重馬場だったこのレースの勝ち馬サトノアーサーに期待。今年6歳ですが、勝ったあと秋の毎日王冠(GII、2番人気6着) から5歳秋まで1年間のブランクがありました。復帰後6戦して②⑥④③②③と勝てないでいますが、有力メンバーに道悪?が多いのでチャンスでしょう。
相手はこのコース走るレイエンダ、前走(メイS)が快勝だったアイスストームとしましたが、枠順、道悪で過信禁物。伏兵の台頭に要注意です。
【エプソムC】(6月14日、東京11R)発走=15時45分
◎ 4 サトノアーサー
○17 レイエンダ
▲13 アイスストーム
△ 5 ピースワンパラディ
△12 シャドウディーヴァ
△11 アトミックフォース
△ 3 ギベオン
馬連 4→17、13、5、12、11、3

阪神のマーメイドSも輪をかけたような波乱含みに思われます。実績ではGIエリザベス女王杯で強敵相手に4着と好走したセンテリュオですが、これも道悪は疑問。昨年、軽ハンデ(51キロ)に恵まれたとはいえこのレースを勝ったサラスを狙いました。そのあと1年近いブランクがあって、復帰戦の新潟大賞典は後方のままの15着(16頭立て)に終わっていますが、これが逆に怖い。
追い切りの動きの良さを買って▲(単穴)にレッドアネモス。立ち直れば上位の能力があるサトノワルキューレ、ハンデが軽いと走る道悪巧者のレイホーロマンス・・・穴馬のオンパレードといった重賞です。
【マーメイドS】(6月14日、阪神11R)発走=15時35分
◎ 9 サラス
○ 6 センテリュオ
▲10 レッドアネモス
△ 2 サトノワルキューレ
△16 レイホーロマンス
△ 7 エアジーン
△ 1 リュヌルージュ
馬連 9→6、10、2、16、7、1

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント