「エリザベス女王杯&福島記念」

2014年11月15日

「エリザベス女王杯&福島記念」

G1戦線が再開されます。今週は京都競馬場で牝馬のナンバーワン決定戦、エリザベス女王杯。京都の芝2200m(外回り)、定量での争いで、古馬牝馬の56キロに対して3歳牝馬は2キロ軽い54キロでの出走できます。それもあってかトップクラスが出走するようになった近年は3歳勢の健闘が目立つレースです。今年は凱旋門賞に挑戦したハープスターはいないもののオークスを制覇したヌーヴォレコルト、ラスト1冠の秋華賞を制したショウナンパンドラがそろって挑戦。クラシックの疲労残りがなければ古馬相手でも好勝負になりそうです。
ヌーヴォレコルトを中心にしました。2歳時、新馬戦では4着で、そのあと未勝利戦、500万下特別を連勝。それほど前評判は高くなかった馬ですが、出走する度に進化をみせて3歳クラシックで花開きました。桜花賞トライアルのチューリップ賞でハープスターの2着に好走すると本番でも同馬にクビ差の2着。進化はさらに続いてオークスは後方から追い上げたハープスターをクビ差抑えて戴冠しました。2冠制覇の期待が高まった秋華賞でショウナンパンドラの2着に終わりましたが、内容的には完敗と言えません。好位からタイミング良く抜け出され、それを急追してクビ差届かなかったレースです。古馬相手というより、ここは雪辱戦でしょう。追い切りの動きに疲労残りはまったく感じられません。あとは長距離輸送ですが、前走時は早めに栗東トレセンへ移動してレースに臨みました。ダメージは少ないのでクリアできるでしょう。
やはり歴戦の古馬勢が怖いところで、まずディアデラマドレ。体質的に弱かったようで2~3歳時は本領を発揮するまで至らなかった馬です。良くなってきたのは休養させてカムバックした今年の5月から。初戦、1600万下のパールS(京都1800m)でトーセンソレイユの2着に終わったあと、6月阪神の牝馬GⅢ、マーメイドS(2000m)に挑戦して一気の差し切り勝ちを収めました。8月札幌のクイーンS(1800m)の5着はレース前から懸念された脚質に合わないコースだっただけ。それを証明するように前走の府中牝馬S(GⅡ、東京1800m)は直線で抜け出してスマートレイアー以下を抑えました。充実目立つ今なら勝負になります。 
単穴はスマートレイアーにしました。これもディアデラマドレと同じく4歳馬で昨年の秋から充実期に入りました。前記したクイーンSでキャトルフィーユ、アロマティコに次いで3着でしたが、洋芝の小回りコースで外を回ってよく追い上げたといレースでした。追い切りでも好気配です。課題は距離、そして後方からの競馬になるので展開の2つ。今季は1400m、1600mの重賞に出走しているので前者が気になりますが、昨年の秋華賞(2000m)では直線だけでメイショウマンボの2着まで追い上げました。展開はどうなるか分からないものの京都の外回りは鋭い脚が生きるコースなので、一気に伸びて逆転まであるかもしれません。鞍上は武豊です。 
3歳のショウナンパンドラも怖いです。追い切りの動きが非常に良いので激走を見せた秋華賞のダメージは無さそうです。好位付けができるタイプなので展開に左右されない強みもあります。上記した面々と小差の評価。あと、近況がよくないですが昨年、秋華賞に続いてこのレースを制したメイショウマンボ 、古馬相手のオールカマー(GⅡ、新潟2200m、2着)を叩いて臨んでいる昨年の2着馬ラキシス、展開的に意外性を発揮するかもしれないヴィルシーナをピックアップしました。
【エリザベス女王杯】(16日、京都11R)発走=15時40分 
◎ 5 ヌーヴォレコルト 
○15 ディアデラマドレ 
▲16 スマートレイアー 
△12 ショウナンパンドラ 
△ 6 メイショウマンボ 
△ 1 ラキシス 
△10 ヴィルシーナ 
馬連 5→15、16、12、6、1、10

もう一つ、同じ16日に重賞があります。福島の山はもう紅葉(もみじ)に雪でしょうか。今年の福島開催の掉尾を飾る福島記念(GⅢ、2000m)です。ハンデ戦で、それでなくても無印が跳んでくるのが珍しくない福島。ここも波乱含みなので注意が必要です。レースはメイショウナルトの逃げで始まるでしょう。どんなペースで行くかがカギで、後続馬が離されずに追いかける展開なら分からなくなります。
マジェスティハーツを狙いました。昨年の今頃は神戸新聞杯で後方からエピファネイアの2着に追い上げて注目され、菊花賞で2番人気に支持されていました。大差の13着でしたが今年の春、実力の片鱗は見せています。4月に戦線に復帰するとオープン特別の大阪-ハンブルグC(2400m)でタニノエポレットにアタマ差の2着、次いでGⅢの新潟大賞典(2000m)はユールシンギングにクビ差2着。6月東京のエプソムC(GⅢ、1800m)はディサイファの6着でしたが7月の中京記念(GⅢ、1600m)ではサダムパテックからハナ、クビ差の3着でした。ただ、夏の新潟の関記念(GⅢ、1600m)で12着、休み明けの先々週のカシオペアSも10着に終わって人気を落としています。でも、追い切りの動きを見ると悪くありません。マイル重賞に活路を見出そうとしただけで2000mの距離は問題ないし、ハンデも56キロ。“ここで復活”の目はあります。
メイショウナルトはスタートとどこまで気分良く逃げられるかがカギ。マイペースなら昨年夏の小倉記念、今年7月の福島の七夕賞=いずれもGⅢ、2000m=を逃げ切ったようにチャンスが大きくなります。ただ、気性に難があるので過信はできません。後続にマークされて追走される展開になると破綻するケースになるかも・・・ 
単穴はミトラ。1年半近く戦列から離れていた馬で、復帰したのが今年の6月。いきなり東京の1400mのオープン特別を勝ちました。関屋記念は10着でしたが京成杯オータムHはクラレントの小差3着。続く前走の富士Sでも6着とはいえ勝ったステファノスから0秒2差です。2000mは初めて挑戦する距離なので適性は定かでないですが、先取りして狙ってみました。
もちろん伏兵も多く、年齢的な衰えが出ているような近走ですが福島コースが得意で1昨年、昨年とこのレースを連覇しているダイワファルコン、能力が発揮できない状態が続いているのが逆に怖いナカヤマナイト、次いでアロマカフェ、リルダヴァルを警戒しました。
【福島記念】(16日、福島11R)発走=15時20分
◎10 マジェスティハーツ 
○ 4 メイショウナルト 
▲ 1 ミトラ 
△ 3 ダイワファルコン 
△ 8 ナカヤマナイト 
△11 アロマカフェ 
△14 リルダヴァル 
馬連 10→4、1、3、8、11、14

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント