「オークス」

2019年05月18日

「オークス」

オークス(正式名=優駿牝馬)ですね。3歳牝馬の「最強」を決める晴れ舞台です。距離が牝馬クラシックの桜花賞から一気に800m延びて2400m。最大の課題になります。スタート後のポジション争いから始まって3コーナーに上り下り、勝負態勢に入る4コーナー、そして登り坂が待つ長い直線。ハードなコースでの争いは死力を尽くす感じで毎年かわいそうな気になります。おまけに今年はタイムの速い決着の馬場コンデション・・・
前置きが長くなりました。◎は3戦3勝のラヴズオンリーユーにしました。昨年の11月に京都1800mの新馬戦、次いで同1600mの白菊賞(500万下)を連勝したあと休んでいたので桜花賞へ続く戦線ではまったく話題外。一躍注目されるようになったのは桜花賞当日に行われる「忘れな草賞」を勝ったから。桜花賞を目指していた牝馬が出走権を得られなかったメンバーになることから“残念桜花賞”と言われてきたレースです。4カ月以上戦列を離れていたのに直線鋭く伸びて2着に3馬身差の楽勝。思わず全兄のリアルスティールを思い起こしました。成長期を休んだことが吉と出た感じです。多頭数のレース経験がなく、スタートで怪しい?物見をするのが心配ですが、速い脚を長く使えるので能力は高く評価できます。実質的な追い切りの1週前、素晴らしい動きを見せています。輸送の課題は残りますがさらに上昇でしょう。
ダノンファンタジーは桜花賞の1番人気馬。結果はグランアレグリアの4着でしたが、外枠15番からの発走でレース運びでも勝負に負けた感じ。それでも2、3着馬とはクビ、ハナの差。追い切りは12日(日)に行なってタイム、動きも良く体調に問題ないでしょう。
以下、トライアルのサンスポ賞フローラSの上位馬。中からレース内容が良かった2着のシャドウディーヴァを単穴にしました。

【オークス】(5月19日、東京11R)発走=15時40分
◎13 ラヴズオンリーユー
○ 8 ダノンファンタジー
▲ 7 シャドウディーヴァ
△12 ウィクトーリア
△14 フェアリーポルカ
△ 3 コントラチェック
△16 ビーチサンバ
馬連 13→8、7、12、14、3、16

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント