「オークス(優駿牝馬)」

2018年05月19日

「オークス(優駿牝馬)」

オークス(優駿牝馬)です。今年の3歳牝馬が頂点を目指して競う一生に一度の晴れ舞台ですが・・・ダービーと同じ東京コースの2400m。苛酷な勝負であるのは間違いありません。1冠目の桜花賞(阪神1600m)はアーモンドアイが直線だけで大外からゴボー抜き。その切れ味がファンに与えた印象は強烈。当時はC・ルメール騎手人気もあって断然人気のラッキーライラックに次ぐ人気になっていましたが、今度は堂々の主役でしょう。一気に800m距離が延びますが、長丁場を演じきれるかどうか?桜花賞の上位3頭は1600m戦しか経験がありません。出走していなかった新鋭がどんな走りを見せるか?波乱があっても驚きません。

◎はラッキーライラックにしました。3戦無敗で2歳女王になり、3歳初戦の桜花賞トライアル・チューリップ賞(GⅡ,阪神1600m)も楽勝でした。万全に見えましたが・・・アーモンドアイの目を奪う切れ味の前に1馬身3/4差の2着。ただ、これがケイバの難しいところ。引いた馬番が①。インに包まれて進路がふさがるのを警戒してスタートで出すと、先頭に立ってしまいました。結果的には抑えて好位3~4番手に収まったものの、最初の2ハロンが12,3-10.7、次の1ハロンも11.5。この馬にしては少し速かった?自分のケイバをした時、阪神JFは33秒7、チューリップ賞は33秒3で上がっています。それを考えると、ここで巻き返しておかしくない。2週続けて燃えるような(?)追い切りを積んでいます。

アーモンドアイにケチをつけるつもりはありません。馬っぷりが良いし、レースだけでなく調教の走り振りも惚れ惚れします。何故か分からないのはレースで極端に後方に置かれること。たぶん仕掛けると一気に行ってしまう心配があるからでしょう。ただ、いくら速い脚を使うと言っても前方集団から速いタイムで上がる馬がいると届きません。今回、距離的にペースが落ち着くので、もしかして中団で流れに乗るようなレースを見せるかもしれませんが、心配なので2番手にしました。

単穴はリリーノーブル。スタートは良いし、折れ合いもつくし、追われてから伸びる・・・そのレースセンスを褒めて2歳女王決定戦の阪神JFで◎、3歳の初戦だったチューリップ賞も◎に推したのですが、どうしてもラッキーライラックには勝てなかった。ただ、それなりに善戦はしています。ここまでの5戦が全てマイル戦ですが、これは他の人気馬(前記2頭)も同じ。この馬の父、ルーラーシップの産駒は距離が延びると持ち味を発揮する馬が多いです。真価を発揮するのはここかもしれません。

ほかにも有望馬がいます。距離にまったく不安が感じられないのがサトノワルキューレ。デビュー戦は京都の1800m戦(1着)でしたが、2走目、3走目は2400mで牡馬相手に戦ってきています。4戦3勝。1度の3着は相手の斜行の不利があったレース。少し距離が短いかと思った前走のフローラS(GⅡ、東京2000m)で後方から直線一気の追い込みを決めました。距離を考えると候補の1頭です。

それと、少し地味な印象ですが渋い差し脚で阪神JF4着、フラワーC2着、桜花賞も4着まで追い上げているトーセンブレスが忘れられません。あと、桜花賞の日の忘れな草賞(阪神2000m)を勝ったオールフォーラブと、フラワーCの勝ち馬カンタービレ(4戦②②①①着)にも要注意の△。

【オークス】(20日、東京11R)発走―15時40分

◎ 2 ラッキーライラック

〇13 アーモンドアイ

▲ 1 リリーノーブル

△ 8 サトノワルキューレ

△ 4 トーセンブレス

△ 6 オールフォーラブ

△ 5 カンタービレ

馬連 2→13、1、8、4、6,5

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント