「キーンランドC&新潟2歳S」

2017年08月26日

「キーンランドC&新潟2歳S」

8月最後の日曜日、27日は札幌競馬場で3歳以上、1200mのキーンランドカップ(GⅢ)、次いで新潟ではもう2歳ステークス(GⅢ、1600m)です。発走順に札幌のキーンランドSから。サマースプリントシリーズの第5戦として行われるほか、1着馬には秋のGI・スプリンターズSの優先出走権が付与されています。今週の札幌は国際騎手招待「ワールドオールスタージョッキーズ」の開催ウイーク。日本代表も腕達者が集結しています。このレースはWOSJのポイントの対象外ですが、有力馬の厩舎が鞍上に思い思いに腕達者を配しているので手綱さばきも注目されます。

3歳馬モンドキャンノを狙いました。今年は皐月賞トライアルのスプリングS(GⅡ、中山1800m)で大差負けの10着、NHKマイルカップ(GI、東京1600m)も好位追走で9着に終わっています。この馬には1600mでも距離が長いのではないかと思ってきました。2歳時。函館でデビュー戦(1200m)を好位3番手あたりから差し切り、2歳ステークス(GⅢ、1200m)でも5~6番手からレヴァンテライオンに半馬身差に迫る2着に追い上げていた馬です。鞍上は戸崎騎手でした。帰厩後、京王杯2歳S(GⅡ、東京1400m)で人気のレーヌミノルを差し切りました。ちなみにこの重賞2戦、当欄で◎に推していました。そのあと、距離が長いとみて△に落とした朝日杯FS(GI、阪神1600m)でもサトノアレスに半馬身差の2着と好走。ここは休み明けでも札幌の本馬場(芝コース)で2度追い切られています。直前の動きから仕上がったとみて、53キロなので◎に踏み切りました。

ソルヴェイグもここ狙いでしょう。3歳の昨年夏、函館スプリントSで2番手から直線先頭に立ち、追いすがるシュウジをハナ差抑えました。50キロの軽量と先行力を活かしたレコードタイム勝ちでした。そのあと札幌のこのレースではブランボヌールの4着。それでも2着シュウジ、3着レッツゴードンキの上位3頭とは1/2、1/2、1/2馬身差の接戦。秋にはGI・スプリンターズSで3着。レッドファルクス、ミッキーアイルの1、2着馬にアタマ、クビの接戦でした。前走のGIヴィクトリアマイルの5着も見どころ十分で逆転候補。

単穴にはナックビーナス。折れ合いがスムーズなら右回りの1200m戦なので終い一気に伸びる脚があります。セイウンコウセイの8着に終わった春のスプリントGI、高松宮記念(中京1200m)以来の出走ですが、早めに函館に入厩して乗り込まれての札幌入り。いきなり・・・があるかもしれません。

名手モレイラが乗るシュウジも怖いですが、GⅡ勝ちがあるので基礎負担に2キロ増の58キロ。少し評価を下げました。休み明けの函館スプリントS(9着)を叩かれて大きく変わる可能性があるブランボヌールの方が怖さを感じます。ほかでは展開次第ですがエポワス、メイソンジュニア。

【キーンランドC】(27日、札幌11R)発走=15時35分

◎ 9 モンドキャンノ

○11 ソルヴェイグ

▲ 6 ナックビーナス

△10 シュウジ

△ 1 ブランボヌール

△ 8 エポワス

△13 メイソンジュニア

馬連 9→11、6、10、1、8、13

 

新潟2歳Sはムスコローソに魅力を感じます。3代母が激戦だったオークスを勝ったダイナカール。父がヘニーヒュージ(USA産)でデビュー戦は492キロ。小柄だったダイナカールとは馬格が違うものの、6月東京の1400m戦でインから間隙を突いて伸びた勝負強さがその片鱗? とくに、抜け出してから本気に走った感じの直線坂上からの伸びは圧巻でした。2着との5馬身差はあと1ハロン走っても開くばかりだったでしょう。タイムは1分23秒7とそれほど速くなかったですが、追い切りの動きからみて2走目で変わる(良化)可能戦が十分ありそうです。レースぶりに注目します。

○コーディエライトは6月阪神のデビュー戦で1番人気で勝ち馬から3馬身3/4差の3着止まりでした。1200m戦は短かったのではないかと思います。2走目(中京1400m)で一変して2着を6馬身ちぎる逃げ切り勝ちを収めています。ダイワメジャー産駒で450キロ前後。さらに良化が見込めるので対抗に抜擢。

単穴はフロンティア。これもダイワメジャー産駒で、デビュー戦の中京1600戦(稍重)を1分38秒2で逃げ切りました。マイペースになったのでタイムが遅く、着差も2着に半馬身差で派手さありません。でも、半兄にドリームパスポートがいます。同期にメイショウサムソンがいて勝ち切れなかったものの皐月賞2着、ダービー3着=1着はいずれもメイショウサムソン、菊花賞(1着ソングオブウィンド)2着、ジャパンC2着(1着ディープインパクト)とGIでファンを沸かせた馬です。2走目の変わり身が大きいかもしれません。

伏兵陣からはテンクウ、オーデットエール、シンデレラメイク、プレトリアとしましたが、函館2歳Sで⑫人気の馬が2着したように他にも大きく変わる伏兵が潜んでいるかもしれないので要注意です。2歳重賞はそれが波乱の要素です。

【新潟2歳S】(27日、新潟11R)発走=15時45分

◎ 1 ムスコローソ

○15 コーディエライト

▲ 8 フロンティア

△ 3 テンクウ

△ 5 オーデットエール

△13 シンデレラメイク

△ 6 プレトリア

馬連 1→15、8、3、5、13、6

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント