「クイーンS&アイビスSD」

2019年07月27日

「クイーンS&アイビスSD」

北海道シリーズは今週から札幌。馬場コンデションが良いので初日(27日)から洋芝にしては速いタイムの決着になっている。ただし、先行争いに巻き込まれる、あるいは勝負どころの前にどこかで脚を使うと案外に終わって差し・追い込み勢が浮上。思わぬ波乱になることもめずらしくないので注意したい。
開幕週のメーンは恒例の牝馬の重賞、北海道新聞杯クイーンステークス(GⅢ、1800m)。別定の56キロと外枠(⑬番)が少し気になるものの、中心はスピード上位のミッキーチャーム。昨年、デビュー4走目の函館で未勝利戦を8馬身差で圧勝すると同500万下の1800m戦も3馬身半差で楽勝。次いで札幌の同距離の1000万下特別も楽に逃げ切って3連勝。それでもここまではまだ序章で、帰厩後にいきなりGⅠに挑戦した秋華賞でも、あのアーモンドアイの2着! 過信は禁物なのだが、北の出世コースでスピードを発揮してもらいたい。
相手は差し脚良いウラヌスチャーム、復調気配のスカーレットカラーとしたが、51キロの3歳メイショウショウブにも1票。
【クイーンS】(7月28日、札幌11R)発走=15時25分
◎13 ミッキーチャーム
○12 ウラヌスチャーム
▲ 6 スカーレットカラー
△ 4 ダノングレース
△ 5 メイショウショウブ
△ 3 フロンテアクイーン
△ 1 サトノガーネット
馬連 13→12、6、4、5、3、1

新潟の直線1000m、アイビスサマーダッシュ(GⅢ)は、ここに来て直千で連勝している上がり馬が人気になりそうだが、昨年の勝ち馬ダイメイフジに期待。成績不振にみえるが強敵相手で、このコースは3戦3勝。あいにくイン(②)になったが、Mデムーロがどう乗ってくれるかにも注目。
【アイビスSD】(7月28日、新潟11R)発走=15時45分
◎ 2 ダイメイフジ
○11 ライオンボス
▲ 4 ビップライブリー
△ 3 カッパツハッチ
△ 1 ラブカンプー
△17 フェルトベルク
△18 アルマエルナト
馬連 2→11、4、3、1、17、18

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント