「シンザン記念」

2021年01月09日

「シンザン記念」

5日の金杯の後を受けて9(土),10(日),11(成人の日)の3連休、JRAが3日連続の競馬開催。10日は中京競馬場で明け3歳馬のシンザン記念(GⅢ、1600m)が行われます。記憶では、かつてはクラシック路線でそれほど重要視される重賞ではなかった。ところが、9年前に未勝利戦を勝ち上がったばかりのジェンティルドンナが勝ち、次いで翌年は朝日杯FSで8着に終わっていたエーシントップが逃げ切って巻き返し、次の年(7年前)は500万下のひいらぎ賞を逃げ切ったミッキーアイルがこのレースも逃げ切り勝ち。そして極め付きは3年前のアーモンドアイです。2歳10月の2走目(1600m未勝利戦)を勝ったばかりで、史上に輝く優牝伝説はここから始まったと言ってよいでしょう。
今年も大きく羽ばたきそうな感じを受ける馬が複数います。個人的には前々走(京都2歳S、6着)、前走(朝日杯FS、4着)と連続◎に推したバスラットレオンで“今度こそ”と行きたいところ。でも、これからの馬という感じがするし、2度あることは3度・・・という不安もあります。
◎はロードマックスにしました。それほど今回の追い切りの動きが良いです。〇はバスラットレオンとして、単穴(▲)は外枠になってしまいましたがククナ。美浦トレセンから中京への輸送があるので少し心配するほど直前に坂路で追われて速いタイムをマーク。けいこ通り走れば勝負になりそうです。好枠になったダディーズビビッド以下の△勢にも要注意。
【シンザン記念】(1月10日、中山11R)発送=15時35分
◎13 ロードマックス
〇10 バスラットレオン
▲15 ククナ
△ 5 ダディーズビビッド
△ 2 ブルーシンフォニー
△ 7 ファルヴォーレ
△11 レゾンドゥスリール
馬連 13→10、15、5、2、7、11

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント