「ジャパンC&京阪杯」

2018年11月24日

「ジャパンC&京阪杯」

今年も東京競馬場での開催を締めくくるジャパンカップ(GI、2400m)になりました。前売り状況からアーモンドアイの一本人気は間違いないようです。それだけ今年はこの馬の勝ちぶりのインパクトは強烈だったということですね。草薙剣(くさなぎのつるぎ)かという切れ味で牝馬3冠を制した3歳牝馬アーモンドアイ。古牡馬の一線級を相手にしても勝つのか?最大の見どころになりました。対する古牡馬陣はメンツを賭けての勝負です。

逆らうようですが、◎はスワーヴリチャードにしました。2年前になりますが、2歳の11月に東上して東スポ杯2歳S(GⅢ、1800m)に出走。ブレスジャーニーにクビ差の2着でしたが、馬体と走り振りに惚れ込みました。3歳初戦の共同通信杯で期待通り勝って意を強くし、ダービーでも◎にする予定でした。ところがポテンシャルで最強と思っていた皐月賞5着のレイデオロが復調。◎はこれに切り替え、この馬は逆転候補の▲。直線で追い上げてレイデオロに迫った時(2着)は“やっぱり東京コースは走る”とナットクでした。前走の天皇賞(秋)で10着に終わりましたが、スタートでのアクシデントの不利が大きくレースらしいレースをしていません。良い方にとればフィジカルなダメージは少ないはず。メンタル面での不安は残りますが、ここにレイデオロはいません。

強敵はアーモンドアイでしょう。確かに強さを感じるし、追い切りの動きも素晴らしいです。加えて負担重量が53キロ。これも大きい。ただし、いつも通りの後方待機策では前団の中から伸びる馬がいたらどうなる?これは鞍上が細工(作戦)をする可能性があります。それでも初の牡馬相手、それも古馬一線級。東京最終週で力の要る馬場状態になってきているのも少し気になります。

単穴はキセキ。この馬は変わりました。折れ合いに問題があったはずなのに昨秋、3000mの菊花賞、それもひどい道悪だったのに勝ちました。そしてこの秋。GI勝ちで2キロ増の58キロを背負った毎日王冠で抑えないで先行策。前のアエロリットが逃げ切り、ゴール前で追い上げたステルヴィオにもクビ交わされましたが3着。次いで天皇賞(秋)でも先行策で接戦を演じてレイデオロの3着・・・手前みそになりますが、その2戦で小欄での印は▲でした。今回、流れ次第では好位差しがあるかもしれません。

ほかにもチャンスがありそうな有力馬がいます。ようやく復調気配を見せてきたサトノダイヤモンド、そして休み明けを叩いて変わり身を見せるのがパターンのシュヴァルグラン。そして、速いタイムのレースでは・・・という懸念の声が外国通にも多いですが、追い切りの動きが好印象のアイルランドからの遠征馬カプリ。今年の凱旋門賞で5着でしたから警戒しました。あと左回りが初めてでも心配ないと思うミッキースワローにも要注意。

【ジャパンC】(25日、東京11R)発走=15時40分

◎11 スワーヴリチャード

〇 1 アーモンドアイ

▲ 8 キセキ

△ 3 サトノダイヤモンド

△ 9 シュヴァルグラン

△12 カプリ

△ 5 ミッキースワロー

馬連 11→1、8、3、9、12、5

 

ジャパンカップが終わったあと、京都の最終戦12Rに組まれた京阪杯(GⅢ、3歳以上オープン、1200m)も簡単に触れておきます。◎は夏の北海道シリーズで好走していたダノンスマッシュにしました。7月の2回函館で準オープンを勝ち上がり、札幌のキーンランドC(GⅢ、1200m)でも勝ち馬ナックビーナスには完敗でしたが2着に健闘しました。2歳の昨年、1400m戦で②①で勝ち上がったあとオープンのもみじS(京都1400m)を3馬身差で連勝。そのあと朝日杯FS(GI、阪神1600m)でもダノンプレミアム以下そうそうたるメンバーの5着まで追い上げていた馬です。ケイアイノーテックが追い込み勝ちしたNHKマイルCでは先行して0秒4差の7着。ここなら能力的に十分足りるでしょう。

古馬ではアレスバローズ。57キロがネックでも1200m戦が主戦場で、オープン特別で④⑤着のあと7月中京のCBC賞、8月小倉の北九州記念とGⅢ重賞を連勝しました。コースさえ取れれば馬群を割る差し脚があります。GI・スプリンターズ(中山1200m)はファインニードルの6番手あたりで先行して14着でしたが、インの緩い馬場状態も影響したようです。

単穴はダイメイフフジ。夏場のCBC賞、中京記念(GⅢ、1600m)はともに11着ですが、能力を発揮したレースとは思えません。5月京都の安土城S(1400m)で、そのあとGI・安田記念を勝つモズアスコット負かして勝っている馬です。

【京阪杯】(11月25日。京都12R)発走=16時15分

◎ 3 ダノンスマッシュ

〇 4 アレスバローズ

▲11 ダイメイフフジ

△ 7 グレイトチャーター

△17 アンヴァル

△13 ベステンダンク

△16 ワンスインナムーン

馬連 3→4、11、7、17、13、16

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント