「ステイヤーズS&チャレンジC」

2017年12月01日

「ステイヤーズS&チャレンジC」

東京から中山に開催が替わって、月も替わって今週から師走競馬に突入します。開幕週の重賞は恒例のステイヤーズS(GⅡ、3歳以上オープン、3600m)。平地競走の最長距離戦で最後はスタミナの優劣。負担重量はGIの勝ち馬がいないので増量されても1キロで馬齢重量と同じ。軽くなる3歳馬の出走もないし、実力勝負です。

今回のメンバーではアルバートの実績が抜けています。この重賞は一昨年が2着カムフィーに5馬身差のワンサイド勝ち。昨年は2着ファタモルガーナにしぶとく粘られて苦戦だったものの、ゴール前でクビ差交わして連覇しました。6歳の今年、春季初戦のダイヤモンドS(GⅢ,3400m)を勝ち、春の天皇賞(GI、京都3200m)でもキタサンブラックの5着に入線。加齢による陰りはまったく感じられません。前2年と同じように、勝って→有馬記念ということになりそうです。

2番手はフェイムゲーム。同じく長距離巧者で3400mの春季の長距離重賞(GⅢ,東京)は今年まで4年連続出走して①①②⑥着と2勝しています。ところが中山のこのレースにはこれまで1度も出走していません。左回りの東京コースでアルゼンチン共和国杯、目黒記念を勝っているので東京向きなのは確かでしょう。ただ、中山でも重賞勝ちがあるし、アメリカジョッキークラブC(GⅡ,2200m)の3着もあります。右回りで軽視するのは禁物です。

穴馬(▲)はプレストウィックにしました。5月東京のメトロポリタンS(OP特別、2400m)で52キロの軽ハンデとはいえヴォルシェーブの3着まで追い上げた内容がよかった。そのあと北海道シリーズへ参戦。札幌日経オープンはモンドインテロの6着と案外でしたが、続く同じ2600mのOP特別「丹頂S」は勝ちました。流れに乗れれば面白いと思います。

ほかでは8歳にして前記したメトロポリタンSで2着、札幌日経オープンでも2着と健闘したシルクドリーマーと追い切りの動きが良いデルマサリーチャン。

【ステイヤーズS】(2日、中山11R)発走=15時25分

◎ 9 アルバート

〇 2 フェイムゲーム

▲ 7 プレストウィック

△ 4 シルクドリーマー

△ 1 デルマサリーチャン

馬連 9→2、7、4、1

 

京都から開催が替わった12月阪神の最初の重賞はチャレンジカップ(GⅢ、3歳以上、2000m)。ここも勝った重賞の格によって加増される別定重量戦ですが、古馬に加増馬が1頭もいません。ここに3歳馬が3頭出走してきました。古馬と1キロ差では苦しいとみるのが順当です。でも・・・ポテンシャルの高さと活きの良さで太刀打ちできるかもしれません。

ということで3歳のサトノクロニクルに◎。サトノラーゼンの弟で馬体もバランスが良いです。ところが、走りそうに思われるのに案外に終わるレースがあります。ここまで8戦して2勝、2着3回、3着1回。勝ったのは新馬2着のあとの未勝利戦(京都1800m)と5走目のオープン特別、白百合S(京都1,800m)で重賞勝ちはありません。5月の京都新聞杯(GⅡ、2200m)でプラチナバレットにアタマ差の2着が惜しかった。7月福島のラジオNIKKEI賞は6着に終わって、秋初戦に選んだ」中山2200mのセントライト記念(GⅡ)ではミッキースワローの3着で菊花賞(10着)の出走権を獲りました。走る時のカギは鞍上との折れ合いのようです。今回追い切りでは落ち着いて走っています。

同じく3歳のブレスジャーニーは能力の高さに惚れ込んでいた1頭。デビュー戦(東京1400m)3着のあと1600mの未勝利戦、GⅢのサウジアラビアロイヤルCを連勝。さらに1800mの東スポ杯2歳S(いずれも東京)と勝ち進みました。追われてかの差し脚がいいです。残念なことに故障して戦線離脱。前走の菊花賞(12着)がカムバック戦になってしまいました。追い切りの走りぶりをみるとかなり良くなっているようです。

単穴は古牝馬のデニムアンドルビー。これも故障していなかったら・・・と思う1頭です。GI・宝塚記念(15年)で当時のトップホース、ラブリーデイにクビ差に迫る勝負(2着)をしていた馬ですからね。そのあと鳴かず飛ばずですが、出走レースはほとんど相手のそろったGIかGⅡ。追い切りの動きは良いのでこのメンバーなら狙えます。

他の古馬勢では追われてからの伸び脚が持続する脚質のモンドインテロ、前走の福島記念(10着)の58キロから今回56キロになるマイナルミラノ、前走のアンドロメダSで3着まで追い上げていきたメドウラーク、スタートが決まれば復活の望みが出てくるレッドソロモン。

【チャレンジC】(2日、阪神11R)発走=15時45分

◎ 3 サトノクロニクル

〇 6 ブレスジャーニー

▲ 8 デニムアンドルビー

△ 5 モンドインテロ

△ 9 マイナルミラノ

△ 2 メドウラーク

△12 レッドソロモン

馬連 3→6、8、5、9、2、12

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント