「ステイヤーズS&チャレンジC」

2020年12月04日

「ステイヤーズS&チャレンジC」

ジャパンカップが終わって気が抜けたような状態ですが、競馬に休みはないですね。アーモンドアイが天皇賞(秋)に続いて完璧なレースを展開。2頭の無敗の3歳馬には土が付きましたが、3冠馬コントレイルがきついローテーションの中、2着を確保。牝馬のデアリングタクトも最後、死力を尽くすように内から伸びて3着に入線・・・それぞれが健闘したいいレースでした。
12月になって最初の週は、GIは中京で行われるダート1800mのチャンピオンズカップ。その前日の5日(土)には中山競馬場で、これも恒例のマラソン大会?GⅡ・3600mのステイヤーズステークス、阪神競馬場ではGⅢのチャレンジカップ(2000m)が行われます。
ステイヤーズSは夏の札幌で健闘したポンデザールに◎。中央場所でも中・長距離なら狙えそうな内容のレースでした。怖いのはGIIの京都大賞典(2400m)で4歳時3着、5歳の今年(前走)もグローリーヴェイズに2馬身差の4着だったシルヴァンシャーです。▲(単穴)は良化しているボスジラ。逆転があればこの2頭だと思います。
【ステイヤーズS】(12月5日、中山11R)発走=15時25分
◎ 3 ポンデザール
〇 2 シルヴァンシャー
▲ 4 ボスジラ
△ 5 アルバート
△11 オセアグレイト
△13 タガノディアマンテ
△ 7 メイショウテンゲン
馬連 3→2、4、5、11、13、7

阪神のチャレンジCは調子が上がってきたブラヴァスに期待。3歳牝馬で53キロのレイパパレも引き続き素軽い動きですが、このクラス(古馬オープンの重賞)になるとすんなり先行させてもらえるか。少し不安です。浅屈腱炎で長休、一叩きされたジェネラーレウーノがどんな変わり身を見せるか特注。
【チャレンジC】(12月5日、阪神11R)発走=15時45分
◎11 ブラヴァス
〇 7 レイパパレ
▲ 6 ジェネラーレウーノ
△ 1 ヒンドゥタイムズ
△ 8 ナイママ
△ 5 ロードクエスト
△ 9 サトノクロニクル
馬連 11→7、6、1、8、5、9

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント