「スプリンターズS」

2019年09月28日

「スプリンターズS」

秋のGI戦線の第1戦、スプリンターズステークス(中山1200m)です。◎はタワーオブロンドンにしました。この馬とは予想上の相性が非常に良いです。
この夏、矛先を1200m戦に向けました。適性はどうかなあ・・・ということもありますが、58キロでこのコースでは・・・と不安を感じて第1戦、第2戦とも◎にしませんでした。6月の函館スプリントは〇で様子見。案の定、カイザーメランジュ(△)に逃げ切りを許し、◎に狙ったアスターペガサス(2着)にも後れをとる3着。次いで札幌のキーンランドCは▲にしたのですが、ダノンスマッシュ(〇)の2着を写真判定(3着◎リナーテ)でなんとかキープ。そして迎えたのが前走のセントウルS(GⅡ、阪神)でした。
「今回は斤量が1キロ軽くなって57キロ。「三度目は定(じょう)の目」なので(??)◎」と冗句まじりにしましたが、「今回は走る(はず)と自信がありました。2着に3馬身差、タイムは1分06秒7(レコード)、強かったですね。小回りのイメージが強い中山ですが、この距離は外回りなので3コーナーへの入りが比較的楽です。不発に終わるとすれば、よほどの不利があるか予想以上の道悪ぐらいでしょう。
以下、ダノンスマッシュはレースの流れに合わせたポジションを取れるのが強み。単穴にしたサトノダイヤモンドの妹リナーテは良化中で、まだ伸びる余地があるとみています。
ほかで特注は3歳牝馬のディアンドル。出走レース7戦(5勝、2着2回)がすべて1200mで、53キロも魅力です。

【スプリンターズS】(9月29日、中山11R)発走=15時 40分
◎ 8 タワーオブロンドン
○ 2 ダノンスマッシュ
▲ 4 リナーテ
△ 9 ディアンドル
△16 ファンタジスト
△13 ミスターメロディ
△ 3 セイウンコウウセイ
馬連 8→2、4、9、16、13、3

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント