「ターコイズS」

2017年12月15日

「ターコイズS」

例年のことなので驚かないようにはしていますが、それにしても・・・師走競馬になって東(中山)・西(阪神)とも大波乱になるレースが多いですね~。世界情勢もそうだし、お天気もおかしいし、なかなか晴れやかな気分にはなれません。せめて狙ったレースのどれかで高配当!といきたいものです。

16日(土)の中山のメーン、ターコイズステークス(GⅢ、1600m)は3歳以上・牝馬のハンデキャップ重賞です。距離が中山の1600m。この競走条件を聞いただけで、年季の入ったファンは身構えてしまうはずです。年末で予想通りのフルゲート(16頭)。枠順、展開などに大きく左右されて人気通り収まるとは思えないからです。そしてここに・・・3歳勢が4頭出走してきました。モロさもありますがポテンシャルの高い馬がいます。

その1頭、ミスパンテールを狙ってみました。昨年夏に札幌でデビュー勝ちしたあと今年3月、桜花賞トライアルのチューリップ賞(GⅢ、阪神1600m)に出走してソウルスターリングの2着と大好走。そのあと本番で16着、オークスは10着。秋も秋華賞トライアル・ローズS(GⅡ、阪神1800m)で10着に終わって本番を断念しています。テンションが上がり過ぎていました。ただ、前走は51キロの軽量とはいえ1600万下特別の清水S(京都1600m)を速い上がりタイム(33秒3)で勝ちました。栗東から中山への輸送がカギですが、能力の高さに惚れ込んでいた馬なので今年最後にもう一つを期待。

○のラビットランも3歳。実績では前記馬を上回ります。デビューから3戦(①②⑥着)はダート戦でした。ところが芝に向かうといきなり500万下(7月中京、1600m)を勝ち、次いでGⅡ・ローズSを直線でゴボー抜き。その脚には唖然としました。秋華賞(GI,京都2000m)でも勝ち負けまではいかなかったもののディアドラの4着。後方からの追い込み一手なので不安も感じますが底力で突き抜けるかもしれません。

単穴は4歳のワンブレスアウェイ。8月新潟の500万下勝利から6戦、①②①②①①という好成績でオープン入りしました。前走の府中牝馬S(GⅡ、東京1800m)は10着に終わっていますが、一線級がそろったメンバーです。好位でレースを運べるタイプで追い切りの動きも良好。GⅢのここなら先抜け・押し切りの可能性は十分です。

他にも展開次第では首位争い・・・と思われる馬が複数います。フロンテアクイーンは勝ち切れないレースが続いているものの3歳時の昨年、秋華賞トライアルの紫苑S(GⅢ、中山2000m)でビッシュ、ヴィブロスに次いで3着。今年4月の福島牝馬S(GⅢ,1800m)でウキヨノカゼのクビ差2着の重賞実績があります。このところ不振ですが3歳のリエノテソーロはGI・NHKマイルカップの2着馬。動きそのものは悪くないです。1つ年長のデンコウアンジュはGI・ヴィクトリアマイル(東京1600m)の2着馬で能力上位の1頭です。もう1頭、このところ好調なエテルナミノルを追加しました。

【ターコイズS】(16日、中山11R)発走=15時25分

  • 8 ミスパンテール

〇12 ラビットラン

▲ 2 ワンブレスアウェイ

△ 7 フロンテアクイーン

△ 6 リエノテソーロ

△14 デンコウアンジュ

△11 エテルナミノル

馬連 8→12、2、7、6、14、11

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント