「ダービー卿CT」

2020年04月03日

「ダービー卿CT」

無観客で勝ち馬投票は電話・インターネットだけというのに、JRAの馬券は売れるんですね~。先週のGI、高松宮記念なんか通常開催の前年度を上回っていて、びっくりしました。
今日はコロナに脱線しないで、4日土曜日に中山競馬場で行われるダービー卿チャレンジトロフィー(GⅢ、1600m)。ハンデ戦で穴っぽい馬もそろっているので波乱含みです。
穴馬は後述しますが、◎はプリモシーンにしました。ハンデは56キロ。牝馬のこの斤量は牡馬なら58キロに相当します。切れる末脚が武器なので不安もありますが、今は好調なのと、中山のこの距離は外回り。3コーナーのカーブが比較的ゆるやかなので、なんとかこなすとい方に賭けました。
マイスタイルは大外になってしまいました。鞍上・横山典がどう細工をするか見ものです。単穴には3番の好枠になったジャンダルムを狙いました。1番人気で10着に終わった前走は中山コースを考えて早めに脚を使うレースでした。58キロの斤量もきつかったはずで、重賞のここはハンデが56キロ。気性に難がありますが、ここは走りごろです。
もう1頭、大駆けがありそうなのはクルーガー。前走の東京新聞杯で思ってもいなかった積極的なレース(先行)で5着。快勝したプリモシーンとは1馬身差で、見どころ十分の内容でした。
【ダービー卿CT】(4月4日、中山11R)発走=15時45分
◎ 7 プリモシーン
〇16 マイスタイル
▲ 3 ジャンダルム
△ 4 クルーガー
△ 6 レイエンダ
△ 8 トーラスジェミニ
△11 ケイアイノーテック
馬連 7→16、3、4、6、8、11

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント