「ダービー卿CT」

2017年03月31日

「ダービー卿CT」

雨は思ったより降るし、気温は一気に下がるし・・・ついボヤキが出るお天気です。そんなことは言っても始まらない。馬場がそれほど悪化しないことを祈って4月1日(土曜日)の中山のGⅢ、ダービー卿チャレンジトロフィー。

4歳以上(オープン)の1600m戦で、負担重量はハンデキャップ。クラレントと並んで57.5キロのトップハンデだったマルターズアポジーはGI・大阪杯に向かいました。さらに、出走すれば人気になったグレーターロンドン(7戦6勝、56.5キロ)が回避。クラレントに次ぐのは57キロのガリバルディ、マイネルアウラートですが・・・中山の千六で枠順の影響もあるし、波乱の要素はむしろ増えた感がします。

◎グランシルクが好気配を見せています。1月15日の中山のオープン特別、ニューイヤーS(1600m)でマイネルアウラートに1馬身1/4差の2着。少しレース間隔が開きましたが、中間の調教量は十分で最終追い切りの動きの良さも光ります。きっちり仕上がった感じでハンデが55キロ。重賞勝ちの無い馬ですが、これまでのレース内容からこのメンバーなら十分やれるはずです。差し・追い込みタイプなので一見不利に思われる中山コースでも好走しているのでチャンスでしょう。

マイネルアウラートは今年6歳。2歳時1勝、3歳時1勝で以降も条件クラスが長かった。でも近況のレースぶりを見るとステイゴールド産駒らしく晩生(おくて)だったようです。4歳終盤に1000万下、1600万下を連勝すると5歳の昨年は重賞でも好走。東京新聞杯(GⅢ,東京1600m)でスマートレイアーの3着、秋季の富士S(GⅢ,東京1600m)でもヤングマンパワー(1着)、イスラボニータ(2着)、ダノンプラチナ(3着)に小差で続く4着でした。12月に阪神でリゲルS、1月のニューイヤーSでは前記グランシルクを抑えてオープン特別を連勝しました。前走の東京新聞杯も見せ場のある4着だったので、先の利を生かして首位争い十分です。

穴馬にはショウナンアデラを抜擢しました。これは“偏差値“が高い。骨折で立て直すのに長期かかりましたが、3年前の2歳女王です。新潟のデビュー戦でナヴィオンにクビ差し込まれたものの、東京で未勝利戦、からまつ賞(500万下)を連勝してGI・阪神ジュベナイルフィリーズへ遠征。18頭中16番枠スタートで後方から。直線は密集する馬群の後ろの苦しいレースでした。それが・・・中を縫ってゴール前、一気に差し切ったのにはびっくりしました。2着が翌年、桜花賞を勝つレッツゴードンキでした。昨年、1年半ぶりの復帰戦がいきなりGIのヴィクトリアマイル(16着)で、次が1800mの福島TVオープン(6着)。これは度外視です。再調整に入って今回、動きがすごく良く、枠順が4番、ハンデが53キロ。狙ってみました。

他にも一発を秘めた馬が多いです。ガリバルディは折れ合いに難があるのでムラですが、昨年の中京記念(GⅢ,1600m)では直線一気。鮮やかでした。ロジチャリスも折れ合いがカギですが550キロの巨体から繰り出すスピードとパワーに魅力があります。あとキャンベルジュニア、ロイカバード。

【ダービー卿CT】(4月1日、中山11R)発走=15時45分

◎ 8 グランシルク

○11 マイネルアウラート

▲ 4 ショウナンアデラ

△ 7 ガリバルディ

△ 3 ロジチャリス

△ 5 キャンベルジュニア

△12 ロイカバード

馬連 8→11、4、7、3、5、12

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント