「チャンピオンズC]

2014年12月06日

「チャンピオンズC]

今週のGI、7日に中京競馬場で行われるチャンピオンズカップは昨年までのジャパンカップダートを衣替えしたレース。元々は東京競馬場で芝のジャパンカップ創設のあとダートもということになって2000年からセットで行われていた(東京ダート2100m)。それが2008年から1週ずらして阪神で行われ、さらに今年から中京。しかもレース名まで変わってしまった。なんとも解せない話である。
こうなることは半分ぐらい、いや、それ以上、予測された。なぜなら、右回り(阪神)になったらダート競馬の本場、米国からの参戦馬が減って、そのうち参戦馬がいなくなる。彼の地ではすべて左回りで競馬が行われているから、いきなり右回りで走れというのは無理なのだ。まともな関係者なら誰でも知っていることで、それでも右回りの阪神に移ったのが「解せない」ということである。当時、裏事情が聞こえてきて、バッカじゃなかろかと仲間内で話していたのを思い出す。
来年からドバイワールドカップもオールウェザーからダートに変わりそうだし、ひょっとしたら左回りの中京に移って外国馬の参戦も増えるかもしれない。2003年には米国から参戦した馬(フリートストリートダンサー)が勝ったんだから。それも今までと同じように招待外国馬を募ればの話だろうが・・・流浪のGI、この先、どうなるのかな~

そんなことより、今年のチャンピオンズカップですよね。レース名は変わりましたが距離(1800m)、負担重量(定量、4歳以上57キロ、3歳56キロ、牝馬2キロ減)は同じです。今年の注目点は世代交代がなるかどうかでしょう。GI制覇を重ねてきた有力馬が7歳(ニホンピロアワーズ)、8歳(ワンダーアキュート、ダノンカモン)の秋になり、4歳馬が米国から自費参戦したインペラティヴを含めると6頭います。5、6歳にも有力馬がいますが一気に勢力図が若返るかもしれません。
その4歳勢からコパノリッキーを中心に選びました。今年前期のGI、フェブラリーSを正攻法で押し切ってホッコータルマエ以下を抑えましたが、当時、人気は出走16頭中の16番目!展開に恵まれたという見方が多かったのですが・・・そのあと5月船橋のかしわ記念(交流GI、1600m)を勝ち、強敵がそろった6月大井の帝王賞(同GI、2000m)でもワンダーアキュートの2着と健闘。さらに秋初戦の盛岡のJBCクラシック(同GI、2000m)ではクリソライト以下を楽に抑えました。追い切りでの走るフォームにも好感が持てますし、距離が前戦の2000mから1800mになるのも好材料。今の充実ぶりを買いました。

ホッコータルマエは5歳の雄。4歳の昨年は重賞を根こそぎという活躍でした。佐賀記念、名古屋大賞典、アンタレスS(いずれもGⅢ)を勝ったあと、前記したGIのかしわ記念、帝王賞と5連勝。1600mの南部杯(交流GI、盛岡)でエスポワールシチーに逃げ切りを許したものの(2着)、金沢で行われた2100mのJBCクラシックではレコード勝ち。昨年のこのJCDではベルシャザールの3着惜敗でしたが、そのあとまた巻き返して大井の東京大賞典、川崎記念でGIの勲章を積み重ねました。問題はそのあとのUAE遠征。ドバイワールドカップで16頭立ての16着・・・。気になるところですが、7カ月ぶりに戦列復帰した前走のJBCクラシックではコパノリッキー、クリソライト、ワンダーアキュートに次いで4着と格好はつけました。良化必至とみて逆転候補に。

単穴はクリソライト。追い切りの動きをみると不気味です。3歳の昨年、大井のジャパンダートダービー(交流GI、2000m)で7馬身差の楽勝で重賞初制覇。その後、古馬相手の重賞戦線では苦戦を続けてこの秋まで勝てませんでしたが、ここに来て急上昇。9月船橋の日本テレビ賞(GⅡ、1800m)で2着ダノンカモンに7馬身差の圧勝を収め、前走のJBCクラシックでもコパノリッキーの2着(3馬身差)。気性難を出さなければ大駆けを見せる怖さがあります。
実力が拮抗しているので他にも注意が必要な馬が多いのですが、差し脚に見どころ十分の4歳馬インカンテーション、臨戦過程がやや不安ですが実力十分のローマンレジェンド、古豪ニホンピロアワーズ、ワンダーアキュートの順としました。米国でのレース映像をみると怖さは感じないですが自費で参加したインペラティヴ、距離不安はあるものの能力高いベストウォーリア、動きが良い3歳馬カゼノコも少し気になりますが印内(7頭)に納め切れません。
【チャンピオンズC】(7日、中京11R)発走=15時30分
◎14 コパノリッキー
○ 8 ホッコータルマエ
▲ 3 クリソライト
△15 インカンテーション
△12 ローマンレジェンド
△10 ニホンピロアワーズ
△11 ワンダーアキュート
馬連 14→8、3、15、12、10、11

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント