「ニュージーランドT&阪神牝馬S」

2020年04月10日

「ニュージーランドT&阪神牝馬S」

4月7日、新しい法律「特措法」に基づいた緊急事態宣言が発令されました。ウイルス戦争です。ひょっとして競馬も中止になるかも・・・と危惧していました。今週日曜日は桜花賞、次週は皐月賞です。無観客の競馬場での開催でも、関係者は施行できること自体に感謝しなければいけない事態です。
あす11日(土)に行われる重賞。中山競馬場の3歳馬のGⅡ、ニュージーランドトロフィー(1600m)の予想は下記のようにしました。今日は余計なことは書かないようにしますが、◎に狙ったオーロラフラッシュは、経験を積んでようやく能力を発揮できる状態になったと思います。
阪神のサンスポ杯阪神牝馬ステークス(4歳以上、GⅡ、1600m)は今季初戦で6カ月ぶりの出走になりますが、能力上位のダノンファンタジーが中心。馬体重は増えていても乗り込まれて速いタイムも出ています。

【ニュージーランドT】(4月11日、中山11R)発走=15時45
◎ 9 オーロラフラッシュ
〇11 ルフトシュトローム
▲10 ハーモニーマゼラン
△14 シーズンズギフト
△ 5 ペールエール 
△ 7 ソウルトレイン
△ 1 カフェサンドリヨン
馬連 9→11、10、14、5、7、1

ダノンファンタジー
【阪神牝馬S】(4月11日、阪神11R)発走=15時35分
◎13 ダノンファンタジー
〇11 シゲルピンフダイヤ
▲ 9 シャドウディーヴァ
△ 2 サウンドキアラ4
△ 4 ビーチサンバ
△15 スカーレットカラー
△ 8 ブランノワール
馬連 13→11、9、2、4、15、8

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント