「フェブラリーS」

2014年02月22日

「フェブラリーS」

今年もタイトルレース、GIがスタートします。第1戦はダートのフェブラリーステークス。東京の1600m、定量での争いで、ダート路線の古馬の有力どころがズラリと顔をそろえました。前期の大目標のレースなので当然なのですが…。

各馬が同じような仕上がりで強い順番にという予想なら迷わずにすみます。ところが、もともと冬場の仕上げが難しいのに加えて今年は2週続けて降雪がありました。さらに、トップクラスの両雄、ジャパンカップダートを勝ったベルシャザールとダートの重賞を9勝しているホッコータルマエは、このあとドバイ遠征を予定しています。目標はそっち?と勘繰りたくなります。かなり迷わされるレースになりました。

ニホンピロアワーズを狙ってみます。一番の理由は追い切りのタイム、動きが2週続けて素晴らしいこと。昨年後半、半年近くブランクがあったように調子を崩した時期がありました。復帰してジャパンCダート5着、東京大賞典3着とそれぞれベルシャザール、ホッコータルマエに完敗だったのはそれが原因です。前走の東海S(GⅡ、中京1800m)はまず負けないだろうと思いました。そのぐらい調教の動きが良くなってきていたからです。レースは2着のグランドシチーに2馬身差でしたが、見ていて“負けようがない”というようなレース運びでした。ただし、ここは距離が1600m。1800m以上のレースしたしたことがありません。もちろんこれは不安ですが、それより”絶好調“の魅力の方が大きいです。

ホッコータルマエは遠征前ですが、追い切りの動きは悪くありません。目イチの仕上げでなくてもレースには十分対応できそうです。ただ、先行力があって前で折れ合える脚質は地方の馬場では断然有利です。ジャパンCダート(3着)でも指摘しましたが、中央のGI、しかも今回は直線が長い東京コースです。厳しい展開をさばけるか。遠征前のレースということも併せて気になるので2番手にしました。

単穴はゴールスキー。これは面白いと思います。休み明けで仕上がり一息という状態で前哨戦の根岸S(GⅢ、、東京1400m)を差し切りました。ここを照準に、良いステップを踏んでの本番です。◎の誘惑?にも駆られましたが、弱点があります。スタートに不安がある馬です。妥当な▲の印にしました。

ベルシャザールは好みのタイプで、これまでほとんど◎の期待をかけてきましたが…。前記したように仕上げの難しい時期でぶっつけ本番になります。最終追い切りで仕上がる可能性はありますが、動きが今イチなので馬体重に注意したいところです。あと面白いのはベストウォーリア、展開に対応できるワンダーアキュート、今度はびっしり追われて目論みどおりの仕上がりになりそうなアドマイヤロイヤル。ほかにもいますが…キリがなくなります。

小倉競馬場では、恒例のGⅢ「小倉大賞典」が行われます。4歳以上オープン、芝1800mです。ハンデキャップレースなので波乱の要素はありますが、有力と目される馬のハンデが重くないので実力を重視していいレースとみました。

中心はラストインパクトです。明け4歳で“これから”という馬ですが、潜在能力はかなりのものがあると思います。まだ重賞での好勝負はありませんが、昨年の8月に小倉で1000万下を勝ち上がったあと神戸新聞杯で7着。そしてクラシック3冠のラスト「菊花賞」に挑戦してエピファネイアの4着でした。勝った馬が強いので離された入線でしたが、素質の一端は見せたと思います。休み明けだった前走、月2日の松籟S(1600万下)を好位から抜け出して4勝目を挙げました。今季のスタートは上々で、追い切りの動きを見ると一度使われてさらに良くなっているようです。ハンデも55キロなので重賞勝ちのチャンスでしょう。

怖いのはアロマティコ。追い込みタイプなのに小回りの小倉は得意で、2戦して2つとも鮮やかに勝っています。福島牝馬Sの4着も接戦でしたので、捲くりが利く直線の短いコースが合っているのではないかと思います。前走の愛知杯(GⅢ、中京2000m)は2番人気で14着の大敗でしたが、前残りの競馬でした。度外視して逆転候補です。

単穴にしたサクラプレジールは秋華賞(17着)以来で4カ月余ぶりの実戦ですが、仕上がりやすいタイプで動きは悪くありません。4歳牝馬なのでハンデは52キロ。先行しても折り合いがつくレースができるので小倉コースなら大駆けが望めます。

【フェブラリーS】(23日、東京11R)発走=15時40分

◎ 7 ニホンピロアワーズ

○15 ホッコータルマエ

▲ 1 ゴールスキー

△11 ベルシャザール

△ 2 ベストウォーリア

△ 4 ワンダーアキュート

△ 9 アドマイヤロイヤル

馬連 7から15、1、11、2、4、9

【小倉大賞典】(23日、小倉11R)発走=15時20分

◎ 4 ラストインパクト

○ 8 アロマティコ

▲12 サクラプレジール

△ 7 ラブイズブーシェ

△10 カシノピカチュウ

△ 6 ブレイズアトレイル 

△ 2 カルドブレッサ

馬連 4から8、12、7、10、6、2

 

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント