「フラワーC&ファルコンS」

2019年03月15日

「フラワーC&ファルコンS」

今週は4つの重賞が行われます。17日の日曜日は中山競馬場で注目度の高い皐月賞トライアルの「スプリングステークス」(GⅡ、1800m)、そして阪神では天皇賞・春につながる古馬の「阪神大賞典」(GII、3000m)。それは翌日(16日)ということして、土曜日の16日の2つの重賞。
中山で行われる3歳牝馬のフラワーカップ(GⅢ、1800m)は、どちらに軍配が挙がるか注目したい2頭が激突します。4戦2勝のコントラチェックは6月函館のデビュー戦(1800m)は3着でしたが、そのあと札幌の2走目(1800m)は2着に7馬身差の圧勝(逃げ切り)。9月末の中山のサフラン賞(1600m)は好位差しに回って逃げたレッドアネモスにクビ差に迫ったところがゴール。ただし、一息入れて再出発した1月中山の菜の花賞(500万下、1600m)は再度先行して直線でも後続を突き放し、2着に3馬身差、1分33秒8の速いタイムをマークしています。
対する西からの挑戦馬、エールヴォアも4戦2勝。スタートで先行争いになった札幌のデビュー戦は2着に終わりましたが、秋を待って再出発した10月阪神の未勝利戦(1800m)は1分46秒8の速いタイムで6馬身差の圧勝。続くGⅢのアルテミスS(東京1600m)でも好内容の3着で、そのあと2000mのエリカ賞(阪神、500万下)を先行押切勝ちしています。
◎は後者にしました。ただ、長距離輸送の影響があれば分かりません。▲のシャドウディーヴァ以下にも注意しましょう。
【フラワーC】(3月16日、中山11R)発走=15時45分
◎ 7 エールヴォア
○ 4 コントラチェック
▲ 2 シャドウディーヴァ
△ 3 エフティイーリス
△ 8 ジョディー
△10 ランブリングアレー
△ 9 レオンドーロ
馬連 7→4、2、3、8、10、9

中京の1400mのGⅢ、ファルコンステークスはヴァッシュモンを狙いました。ここまで3戦2勝。9月中山の重馬場1200mで2着のあと、10月東京の1400m戦を差し切り勝ち。そのあと1月中山のジュニアC(1600m、L)を4~5番手から追い上げて連勝しました。追い切りの動きも良いです。

【ファルコンS】(3月16日、中京11R)発走=15時25分
◎10 ヴァッシュモン
○15 ハッピーアワー
▲ 4 ローゼンクリーガー
△ 9 ダノンジャスティス
△11 ドゴール
△13 グルーヴィット
△14 イッツクール
馬連 10→15、4、9、11、13、14

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント