「フラワーC」

2020年03月19日

「フラワーC」

20日の金曜日は「春分の日」で休日。連日、いよいよ世界中でパンデミックという様相に
なってきた新型コロナウイルスの猛威に不安に包まれる毎日ですが、期待できそうな特効薬の話も出てきています。個人的には期待大で、なんとかなるのでは・・・。
で、今週のJRAの競馬。レーシングカレンダーは金曜日に開催が組まれていたので、土、日と続いて3日間開催です。なんとかインターネット投票を済ませて、テレビで観戦するのですが、ウインズ(場外売り場)で映像観戦するのとそれほど和感がない。でも騎手(馬主)はかわいそうですね。まるで景色が違いますし、歓声もない。
20日の重賞は中山競馬場で行われる3歳牝馬のフラワーカップ(GⅢ、1800m)。距離とコースを重視してシーズンズギフトに期待しました。福島で新馬勝ちしたあと中山1800mの1勝クラスを連勝。2戦ともポジションが7番手ぐらいになっているのは折れ合いを重視しているからです。勝負どころで行かせてからが速く、最後にもう一伸びするところに非凡さを感じます。
強敵は当初、これに◎と思っていたレッドルレーヴ。2000m戦で初戦2着のあと2走目で勝ち上がったのですが、2戦とも3着以下が千切れています。順調に成長していけば優駿牝馬(オ―クス)が楽しみです。
【フラワーC】(3月20日、中山11R)発走=15時45分
◎12 シーズンズギフト
〇14 レッドルレーヴ
▲ 9 ミアマンテ
△11 クリスティ
△ 7 ショウナンハレルヤ
△ 8 フラワリングナイト
△10 ポレンティア
馬連 12→14、9、11、7、8、10

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント