「フローラS&マイラーズC」

2014年04月26日

「フローラS&マイラーズC」

阪神の桜花賞に続いて先週は中山で皐月賞…そして今週から関東は東京に舞台が移り、開幕週の重賞は早くも3歳牝馬のオークストライアル「フローラステークス」(GⅡ、2000m)です。桜花賞組はもちろん出走していませんが、距離適性にかけるメンバーが優先出走権(3着まで)を狙って上位入線を目指します。1600mから一気に2400mに延びる5月25日の本番へ名乗りを挙げるのはどれか。レース内容にも注目したいレースです。

まだ1戦しただけですがイサベルに期待してみます。デビューがこの3月16日。阪神の1800m未勝利戦に出走して1分48秒5で初陣を飾った馬です。スタートで後れて最後方からのレースになったのですが、直線大外からゴボー抜きしました。追い込める展開になったこともありますが直線で2度3度、内に刺さる若さを見せながら2着に3馬身半差をつける楽勝。それだけでも非凡ですが、注目したいのはその後です。追い切りの動きがデビュー前と一変しています。重賞勝ちを収めている好調な古馬(エキストラエンド)と併せて遜色の無い動きでタイムも速い。キャリア不足ですが不安より魅力のほうが大きいです。

安定感ではマジックタイムです。2勝馬で重賞2着の実績があり、その気になれば桜花賞に出走できたのに回避してオークスへ照準を切り替えました。阪神ジュベナイルFでも0秒4差の6着まで追い上げていましたが、今季初戦のクイーンC(GⅢ、東京1600m)でフォーエバーモアにクビ差の2着まで伸びたように東京コースが脚質に合っています。追い切りの動きも良いので当然首位争いでしょう。

単穴にはハピネスダンサーを狙いました。5戦して2勝、2着1回、3着2回と全て3着以内。休み明けだった今季初戦のつばき賞(500万下)で3着でしたが早抜けしてゴール前で差し込まれたレースで、勝ったのは皐月賞で5着と健闘したステファノスです。そのあと中山で2000mのミモザ賞(牝500万下)を危なげなく勝っていますし、レースぶりは少し地味?ですが距離不安はないと思うし、追い切りの動きにも好感がもてます。

あれもこれもという感じになってしまいますが距離、コースが変わって大駆けがあってもおかしくない馬が散在します。前走(500万下、君子蘭賞)で2勝目を挙げたブランネージュ、重賞の札幌2歳SとフラワーCで2着しているマイネグレヴィル、1勝馬でもまだ伸びる可能性があるマローブルー、スペランツァデーアをマークしました。

西は京都に舞台が移って、今開催最初の重賞は4歳以上オープンのGⅡ・読売マイラーズカップ。距離はレース名が示すように1600m。1着馬に春のマイルのGI・安田記念の出走権が付与されています。好調馬がそろったので予断はできませんが、外回りなので差し脚の鋭さ勝負かと思われます。急成長を見せているフィエロが注目されますが、これはかなり人気を背負いそうです。

ここはワールドエースを狙ってみました。2月1日の東京、白富士S(オープン特別、1600m)に1年8カ月ぶりに姿を見せました。でも、忘れてしまったファンはいないでしょう。一昨年の今頃はクラシック戦線で主役を張っていた馬です。皐月賞は道悪で2番人気に落ちましたが、インをすくって勝った伏兵(当時)ゴールドシップに対して大外を回って2着。4着に終わったダービー(1着ディープブリランテ、2着フェノーメノ)では2.5倍の断然の1番人気でした。復帰戦はエアソミュールの5着に終わりましたが、屈腱炎を発症して長休後のレースですから仕方ないでしょう。よく0秒4差まで追い上げてきたと思います。もう一度レースを見たいところですが、それでは狙うことにはなりません。買うなら今回です。

フィエロ(5歳)は8戦5勝。4戦目の昨年7月、中京で500万下を勝った馬なので馴染みが薄いですが秋から今季にかけて一気に本格化しました。一叩きされたあと(3着)1000万下の中京日経賞、年明けて1月京都の新春S(1600万)、そしてオープン特別の六甲S(阪神、いずれも1600m戦)と3連勝。パワーも感じさせる差し脚は魅力十分で追いきりの動きも申し分ありません。これなら重賞でも…と思います。

【フローラS】(27日、東京11R)発走=15時45分

◎16 イサベル

○ 7 マジックタイム

▲ 6 ハピネスダンサー

△ 5 ブランネージュ

△ 8 マイネグレヴィル

△15 マローブルー

△18 スペランツァデーア

馬連16から7、6、5、8、15、18

【マイラーズC】(27日、京都11R)発走=15時35分

◎ 4 ワールドエース

○ 5 フィエロ

▲12 エキストラエンド

△13 ラトルスネーク

△ 7 アドマイヤドバイ

△ 6 オースミナイン

△11 レッドアリオン

馬連 4から5、12、13、7、6、11

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント