「ホープフルS&阪神C」

2020年12月25日

「ホープフルS&阪神C」

有馬記念(27日、中山2500ⅿ)は競馬ファンなら良く知っている馬ばかり。ひとまず置いておいて26日土曜日に中山で行なわれる2歳馬のGI・ホープフルステークス(2000ⅿ)と、阪神の阪神カップ(GⅡ、1400ⅿ)。とくにホープフルSは明年のクラシックレースに直結するので例年、目を凝らしてみるレースです。ことしは有望馬がそろった感じがします。
中心(◎)は大物感があるダノンザキッド。6月阪神の1800ⅿ戦でいったん7~8番手に下げ、3半から進出。危なげなく勝った(2着に3馬身差)内容が良かったのに加え、東上した次の東スポ杯2歳S(GⅢ、東京1800ⅿ)の勝ちぶりが圧巻でした。今度は中山コースですが大丈夫と思います。ただし、相手もそろいました。〇ヨーホーレイク、単穴にアドマイヤザーゲを抜擢。△の1、ランドオブリバティも魅力いっぱいです。
【ホープフルS】(12月26日、中山11R)発走=15時25分
◎10 ダノンザキッド
〇 2 ヨーホーレイク
▲12 アドマイヤザーゲ
△ 3 ランドオブリバティ
△11 タイトルホルダー
△13 シュバリエローズ
△ 1 オーソクレース
馬連 10 →2、12、3、11、13、1

西の阪神カップは素直にインディチャンプが中心。GⅡでも負担重量が増量のある「別定」ではなく、「定量」なので57キロでの出走。追い切りの動きに不安もありません。逆転候補〇も順当にステルヴィオ。
穴狙いなら長休明けを叩かれたダノンファンタジー。狙ってみたくなるような追い切りを積んでいます。あと阪神コース巧者のフィアーノロマーノ以下の△勢の食い込みに注意。
【阪神C】(12月26日、阪神11R)発走=15時45分
◎12 インディチャンプ
〇 7 ステルヴィオ
▲ 6 ダノンファンタジー
△ 8 フィアーノロマーノ
△16 マルターズディオサ
△ 9 サウンドキアラ
△11 ジャンダルム
馬連 12→7、6、8、16、9、11

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント