「ホープフルS」

2019年12月27日

「ホープフルS」

今年のJRAのラストGIは2歳馬のホープフルステークス(12月28日、中山2000m)。このレースが中山で行われるようになって今年が6年目になる(以前は阪神)。主旨は距離と中山コース。クラシック三冠の第1戦、皐月賞と全く同じ舞台で2歳の有望馬がどんなレースを見せるか。これはファンにとっても関心が大きいのは当然だ。そして昨年の勝ち馬サートゥルナーリアが本番でも適性を発揮して皐月賞馬に輝いた。これでGIとして確たるレースになったと言える。
今年はどうか?一番の注目馬はコントレイルだ。6月阪神のデビュー戦(1800m)は勝ちタイム1分48秒9、2着に2馬身半差の楽勝だったのだが、度肝を抜いたのが2走目の東スポ杯2歳S(GⅢ、東京1800m)。5~6番手に控えて直線外へ持ち出して追い出されるとグイグイ伸びて2着アルジャンナに5馬身差。勝ちタイムが2歳レコードを大きく更新する1分44秒5!これには唖然とした。2戦を見る限り、スタートは良いし、折れ合いもつく。私には欠点は探せないが、強いて言えば走り過ぎることか(?)。ケガにつながるから。
〇ワーケアも見どころ十分。6月東京の新馬戦(1800m)は稍重だったからかタイムは1分51秒0と速くないものの中位から鋭く伸びて2着に2馬身半差の楽勝。2走目のアイビーS(L、東京1800m、重馬場)も直線楽に抜け出して連勝した。良馬場なら速いタイムで走れるはずだ。
穴馬にはラインベックを抜擢。中京で1600mの新馬→中京2歳S(OP特別)を連勝した後、前記した東スポ杯でコントレイルから9馬身差の3着に終わっている。ただ、それでも走破タイムは1分46秒0。例年なら勝ってもおかしくないタイムだし、先行していったん抜け出したレース。先行して残った内容に注意した。
次いでタイムは目立たないものの先行きに期待が持てる2戦2勝のオーソリティ、1800mの中山の新馬戦と京都2000mの萩S(OP)を連勝したヴェルライゼンデが善戦可能候補。抑えに札幌2歳Sの覇者ブラックホールと、もう1頭ブルーミングスカイを追加した。

【ホープフルS】(12月28日、中山11R)発走=15時25分
◎ 2 コントレイル
〇 7 ワーケア
▲13 ラインベック
△11 オーソリティ
△ 5 ヴェルライゼンデ
△ 1 ブラックホール
△ 3 ブルーミングスカイ
馬連 2→7、13、11、5、1、3

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント