「ラジオNIKKEI賞&CBC賞」

2019年06月29日

「ラジオNIKKEI賞&CBC賞」

今週から夏競馬に本格突入。福島の開幕週のメーンは3歳馬のGⅢ・ラジオNIKKEI賞(1800m)、中京のメーンは3歳以上オープンのCBC賞(GⅢ、1200m)。ともにハンデ戦なので混戦模様のレースだが、輪をかけるように福島、中京とも梅雨前線に台風3号の余波もあって馬場は道悪必至。波乱の要素がそろってしまった。
ヒシイグアスを◎に抜擢。スタート、加速ともによく、外連味なく先行する。昨年11月のデビュー戦(東京1800m)はラストドラフトにアタマ差負けだったが、相手はそのあと京成杯(GⅢ、中山2000m)の勝ち馬になった。この馬も未勝利戦、500万下を連勝。皐月賞トライアルのスプリングSへ進んだが、そこで5着に終わって頓挫した。ただ当時、馬体重が大幅に減っていたのが懸念された。ハンデも54キロだし、秋へ向けて立ち直りを期待したい。
スプリングSで3着に好走したディキシーナイトが好仕上がりに見えるので2番手に。単穴には西から参戦のブレイキングドーン。気性に問題があるようだが潜在能力は高く、道悪をこなせる。△以下にもこの先出世が見込めそうな馬が多い。
【ラジオNIKKEI賞】(6月30日、福島11R)発走=15時45分
◎ 9 ヒシイグアス
○ 5 ディキシーナイト
▲14 ブレイキングドーン
△15 ランスオブプラーナ
△16 アドマイヤスコール
△10 レッドアネモス
△ 6 ブレイブメジャー
馬連 9→5、14、15、16、10、6

中京のCBC賞は予想通り軽ハンデ(51キロ)になった3歳馬、アウィルアウェイの一発。前走の葵ステークスでも狙ったのが人気のディアンドルの3着だったが、眼に見えにくいところでも不利があった。GⅠで好走歴のある古馬相手でもこのハンデ差なら面白い。
【CBC賞】(6(6月30日、中京11R)発走=15時35分)
◎13 アウィルアウェイ
○ 3 セイウンコウセイ
▲ 9 レッドアンシェル
△ 4 アレスバローズ
△ 2 ショウナンアンセム
△ 7 ビップライブリー
△11 メイショウケイメイ
馬連 13→3、9、4、2、7、11

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント