「ローズS」

2017年09月16日

「ローズS」

あれやこれやで、このところ日本の空はどうなってるんだという状態が続いていますね。

台風1一つ(18号)とっても、衛星画像を見ると恐竜が背中、尻尾を日本に向けて後退(あとずさ)りしてくるような雨雲の恰好です。雨はすでに関東も降っています。降るか降らないかではなくて、どこでどのくらい降るかです。そしてそのあとの風はどうか。16日の土曜日から3連休の方を目当てに?中央競馬は3日間開催。ただ、防災に大わらわという方も多いのではないでしょうか。とんだ勤労感謝の日になるかもしれませんん。

それでも、競馬です。17日の日曜日、阪神競馬場では3歳牝馬のローズS(GⅡ、1800m)が行われます。先週中山で行われた紫苑Sに続いて、西で行われる秋華賞のトライアルレースで、3着まで本番の優先出走権があります。夏を越して桜花賞、オークスで上位争いをしてきたメンバーがどう変わっているか楽しみですが、もう一つの見どころはファンディーナ。春の牝馬2冠には出走していませんが、3戦全勝で牡馬相手の皐月賞に出走。断然の一番人気の支持を集めました。最も注目されるのはこの馬のレースぶりかも・・・。このレース、勝ち負けには仕上がり状態のほかに道悪の巧拙が大きく影響しそうです。

◎はモズカッチャンにしました。寡聞にして何とやらかもしれませんが、前評判にこの馬の名はありませんでした。デビュー戦(京都1800m)は13頭立ての10番人気(6着)。16頭中の13番人気だった2走目でサトノクロニクルの3着に入線してせいぜい“おやっ?”というところでしょう。それが3走目の未勝利戦で勝つと中山へ遠征して500万下一般戦を連勝。さらに東京でオークストライアルのフローラS(GⅡ、2000m)を差し切り勝ち。これは13番人気での好走でした。そして本番のオークスでもソウルスターリングの2着(6番人気)。もう能力の高さは疑う余地がありません。持ち味は長く脚を使えることと馬混みに入っても怯まないこと。乗り込まれての出走なので初戦から期待します。

ファンディーナはデビュー戦(京都1800m)から華々しかった。2着に9馬身差のぶっちぎり勝ちで、2走目のつばき賞(500万下、同)はわざと(?)3番手から差しに回って様子を見ながらのケイバだったので1馬身3/4差でしたが、中山へ遠征して臨んだフラワーカップ(GⅢ、1800m)では直線で後続を突き放して5馬身差。強い牝馬が現れたな~と思いました。皐月賞は当日、途中からテンシたョンが上がったように感じられた不安が当たって7着に終わりましたが、それでも中山2000mを1分58秒3で走っています。ポテンシャルの高さの表れだとみることもできます。ただ、今回は長休明けにしては速い追い切りが足りないような気がします。体調は良さそうですが2番手。

単穴にはミスパンテールを狙ってみました。桜花賞は16着の大敗。オークスも10着の入線でした。ただ、札幌で新馬戦を勝っただけなのに翌年、桜花賞トライアルのチューリップ賞に7カ月ぶりに出走してソウルスターリングの2着に追い上げた馬です。当時、小欄で▲に狙っていたように素質を買っているので“夢よ、もう一度”です。馬体、追い切りの動きも良いです。ただし、「夢は覚めるもの」とも言いますから・・・

桜花賞馬レーヌミノルは距離が少し長いとみているので評価を下げています。ただ、追い切りは積まれていて動きも良く、道悪もこなせそうなので首位争いに加わるかもしれません。ほかでは実績を残してきたリスグラシュー。次いで、追い切りの動きの良さが目に付くブラックスピーチ、カワキタエンカをマークしました。印からはあぶれてしまいましたがクイーンマンボの動きも良いです。芝でも・・・と気になる方は抑えてください。

【ローズS】(17日、阪神11R)発走=15時35分

◎ 2 モズカッチャン

○17 ファンディーナ

▲ 4 ミスパンテール

△10 レーヌミノル

△ 6 リスグラシュー

△ 8 ブラックスピーチ

△16 カワキタエンカ

馬連 2→17、4、10、6、8、16

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント