「ローズS」

2019年09月14日

「ローズS」

15日に行われる西(阪神)の重賞、ローズステークス(GⅡ、1800m)は3歳牝馬のラスト1冠、秋華賞のトライアル指定レース。3着までに優先出走権が得られるので収得賞金の少ない新進にとってはなんとか上位に食い込みたいところです。ただし、本番でも上位人気になりそうな有望馬が文字通り“トライアル”として複数出走しています。ここで3着まで・・・これは容易ではありません。
上位陣の仕上がりの良さが目立ちますが中心はダノンファンタジーにしました。直前の追い切りでは掛かり気味に見えましたが、それでも失速することなく速いタイムをマーク。走り振りにも迫力があります。人気に応え続けて2歳女王になり、外枠だった桜花賞の4着はもちろん、一気に距離が延びたオークスの5着だって健闘だったと思います。1800mのここは首位十分でしょう。
〇ウィクトーリアは距離が短い桜花賞路線から離れてオークス狙いだった馬。トライアルのフローラS(GⅡ、東京2000m)を勝って本番でも4着と好走しました。順調に夏を越したようで早めに美浦から栗東トレセンへ移動。追い切りの動きが非常に良く見えます。
単穴はシャドウディーヴァ。こちらは桜花賞は参戦できませんでしたが3月中山のフラワーC(GⅢ、1800m)で4着、前記したフローラSではウィクトーリアと写真判定の勝負(ハナ差2着)でした。レース運びに安定感があって鋭さもあります。今回は阪神の外回りコースなので狙いました。
シゲルピンクダイヤはテンションが上がることが多いので△グループにしましたが、潜在能力が高いので要注意。

【ローズS】(9月15日、阪神11R)発走=15時35分
◎ 4 ダノンファンタジー
○ 8 ウィクトーリア
▲ 6 シャドウディーヴァ
△12 スイープセレリタス
△10 シゲルピンクダイヤ
△11 ビーチサンバ
△ 5 モアナアネラ
馬連 4→8、6、12、10、11、5

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント