「ヴィクトリアマイル」

2015年05月16日

「ヴィクトリアマイル」

17日の東京競馬場、今週のGIは古馬牝馬が1600m、定量の55キロでスピードと強さを競うヴィクトリアマイルです。牝馬のレースはちょっとしたことで能力を発揮できないことが多いので波乱含みです。ここも枠順や展開などが影響しないとは言い切れませんが、雨も上がって馬場コンデションは良好。有力馬がそろって好調にみえるので大きな波乱にはならないのでは・・・という気がします。
中心はヌーヴォレコルトです。前走の中山記念の方がメンバー的にはキツかった。牡馬相手で、しかもロゴタイプ、イスラボニータの皐月賞馬、充実してきたステファノスが出走していました。仕上がりの良さと斤量差を買って予想で◎に抜擢しましたが、足りるかどうか不安もありました。4コーナーと直線でひやりとさせるシーンがあったものの、早めに抜け出したロゴタイプをゴール前で差し切って見せました。3歳時、人気のホープスターを破ってオークスを勝ったほか桜花賞3着、3冠目の秋華賞が2着。牝馬ナンバーワン決定戦のエリザベス女王杯でも小差2着と健闘した実績はダテではなかった。牝馬は成長が止まるのが早いケースが多いのですが、この馬は違います。今回2週続けて速い追い切りをこなして動きが素晴らしい。ハードワークが気になるぐらいですが、素直に万全の仕上がりとみて期待します。
怖いとすれば上がりの鋭さでヌーヴォを上回るタイプ。その代表格は5歳のディアデラマドレです。故障があって3歳クラシックの出走歴はありませんが4歳の昨年、本格化しました。休み明け2走目の6月阪神、マーメイドS(GⅢ、2000m)で上がり3F33秒9の脚で差し切り勝ち。秋にはGⅡの府中牝馬S(東京1800m)では33秒2でスマートレイアー以下を抑えました。そのあとエリザベス女王杯(GI、京都2200m)でラキシス、ブーヴォレコルトに次ぐ3着、12月には重馬場だった中京の愛知杯(GⅢ、2000m)を順当勝ちしました。休み明けの前走のマイラーズC(GⅡ、京都1600m)は7着でしたが、速い脚(上がり3F31秒9)は見せていました。道中のポジションが問題ですが、もし折れ合って流れに乗れるようならチャンスが出てきます。
穴馬にはストレイトガールを抜擢。8勝が全て1200m戦で、昨春の高松宮記念の3着、秋のスプリンターズSの2着から言ってもスプリンターなのは間違いありません。ただ、昨年出走したこのヴィクトリアマイルで中団から追い上げ、勝ったヴィルシーナ、2着メイショウマンボに1/2馬身、アタマ差の3着に好走しました。前走の高松宮記念は13着と見せ場なく終わりましたが、香港スプリント(3着)に遠征したあとで本調子になかったと思われます。今回は中間、熱意が伝わってくるような追い切りをこなしています。先行集団の中で折り合えるタイプなので追い込み勢に先んずる好走も望めます。
追い込み勢ではショウナンパンドラも侮れません。昨年春季は1勝馬で牝馬クラシックに参戦できませんでしたが、3冠目の秋華賞(京都2000m)で勝利目前だったヌーヴォレコルトを急襲。クビ差交わして栄冠を手にしました。休み明けを使われて良化が覗えるので要注意。伏兵を探せば切りがありませんが、桜花賞2着馬レッドリヴェールが復調気配です。あと後方から追い込むスマートレイアー、それと前走で条件戦を勝ち上がったばかりですが昨秋、ローズSでヌーヴォレコルトの2着したあと秋華賞でも3着と好走していたタガノエトワールがかなり調子を上げてきたように見えます。大駆けがあるかもしれません。
【ヴィクトリアマイル】(17日、東京11R)発走=15時40分
◎15 ヌーヴォレコルト
○ 6 ディアデラマドレ
▲ 5 ストレイトガール
△17 ショウナンパンドラ
△ 4 レッドリヴェール
△11 スマートレイアー
△ 1 タガノエトワール
馬連 15→6、5、17、4、11、1

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント