「七夕賞&プロキオンS」

2019年07月06日

「七夕賞&プロキオンS」

梅雨入りしてからの競馬は前線の雨雲の動き(映像)とにらめっこ。九州南部など大きな被害となっている映像を見るにつけて心を痛めて“それどころじゃないだろ”と思っています。それでもレースの前日には調べておかなければならない。因果な仕事です。重賞が行われる福島、中京はともに☔マークです。
福島の七夕賞(GⅢ)は3歳以上オープンのハンデキャップ重賞。道悪で波乱含みです。後方からの追い込み勝負をしているので不安がありますが、ここに来て高い能力を発揮してきた4歳牡馬、ロシュフォールに期待しました。重賞初挑戦だった前走の新潟大賞典は3着でしたが、不利なシーンがありながら勝ち馬から3/4馬身、ハナ差。力負けには見えません。掛かりそうになるレースが多いので案外行かせれば行けるかも。あるいは先週のブレイキングド-ン(ラジオNIKKEI賞1着)のように捲りが決まるかもしれません。強敵は前走不発でもGIでも入着があるミッキースワロー。単穴は休み明けを叩いたタニノフランケルにしました。
【七夕賞】(7月7日、福島11R)発走=15時45分
◎ 3 ロシュフォール
○12 ミッキースワロー
▲ 8 タニノフランケル
△15 クレッシェンドラブ
△ 9 ロードヴァンドール
△ 5 ストロングタイタン
△14 ブラックスピネル
馬連 3→5、12、8、15、9、5、14

中京のダート1400mのプロキオンS(GⅢ、別定重量)はUAEのダート1200mのGI、ドバイゴールデンシャヒーンで2着してきたマテラスカイの評価がカギ。昨年(このレース楽勝)のように道悪でスピードが生きるは、末が甘くなるか?後者のケースもあるとみて中心には1600m、1400mを連勝して状態に不安がないアルクトスを採りました。
【プロキオンS】(7月7日、中京11R)発走=15時35分)
◎10 アルクトス
○ 4 ヴェンジェンス
▲ 5 サンライズノヴァ
△ 9 マテラスカイ
△12 ミッキーワイルド
△ 8 ウインムート
△14 キングズガード
馬連 10→4、5、9、12、8、14

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント