「中京記念&函館2歳s」

2019年07月20日

「中京記念&函館2歳s」

北海道シリーズの前半戦、函館開催もあっという間に最終週。21日の日曜日はJRA最初の2歳馬の重賞、函館2歳ステークス(GⅢ、1200m)が行われます。見どころがある馬が多く、狙い馬も決めて楽しみにしているのですが・・・発走順に中京競馬場で行われる3歳以上のハンデキャップ重賞、中京記念(GⅢ、1600m)から。
このメンバーなら中心はプリモシーン。今季2戦してダービー卿チャレンジT(GⅢ、東京1600m)で2着、前走の牝馬I・ヴィクトリアマイル(東京1600m)もノームコアにクビ差届かなかったものの、差し切る勢いでした。早めに美浦トレセンから西へ移動して栗東トレセンで追い切っての出走ですが、充実ぶりがうかがえる動きなので大丈夫でしょう。
相手は古牡馬の中からロードクエストにしましたが、台風の目?はハンデが軽い3歳馬。3頭いる中から単穴にグルーヴィットを抜擢。人気うすではすっかり株を下げている4歳のジャンダルムも私はまだ捨てきれないでいます。
【中京記念】(7月21日、中京11R)発走=15時35分
◎ 7 プリモシーン
○11 ロードクエスト
▲ 5 グルーヴィット
△14 カテドラル
△15 ミエノサクシード
△ 4 ジャンダルム
△ 6 クリノガウディー
馬連 7→11、5、14、15、4、6

函館2歳Sはタイセイビジョンを狙いました。函館でデビューして速いタイム、内容が良かった馬から中心馬を選ぶのがセオリーなんですが・・・この馬は6月2日に阪神。しかも距離が1400mでした(1分23秒0・良)。ただ、先行集団の後ろ、6~7番手からあっという間に追い上げて直線に向いた時には先頭。洋芝の初コースなど気になる材料には目をつぶりました。ホッカイドウ競馬からの参戦(3頭)もありますし、人気うすの馬が上位争いに加わる可能性も十分あると思います。ご注意を。
【函館2歳S】(7月21日、函館11R)発走=15時45分
◎ 5 タイセイビジョン
○ 1 ビアンフェ
▲ 6 パフェムリ
△ 3 レッドヴェイパー
△11 スマートカーリー
△15 ブルーパピヨン
△12 アザワク
馬連 5→1、6、3、11、15、12

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント