「中山牝馬S」

2021年03月12日

「中山牝馬S」

「中山牝馬ステークス」
このところ予想の調子の良い週が続いています。先週土曜日の夕刊フジ賞オーシャンSが◎カレンモエ(2着)―△コントラチェック(1着)の馬連が4,550円。日曜日の弥生賞は抑えておいた〇シュネルマイスター(2着)―△タイトルホルダー(1着)で5,060円・・・だって、◎ダノンザキッドの単勝が1.3倍では買う手はありません。いつも届くかな~と心配させるレースパターンの馬。それでもグイーッと伸びるので強さ倍増に感じるのですが、そのまま伸びなかったらどうなる?と、そのシーンが頭に浮かびました。前残りですよね。
でも、賭け事の良いことは普通、そんなに長く続きません。折よく天気予報は「強雨」。常々書くように私は雨に弱いので、予想通り買いますがレートをぐんと下げます。

13日(土)重賞は4歳以上牝馬のハンデキャップ重賞、中山牝馬ステークスGⅢ、1800m)。
◎はランブリングアレーにしました。8月の小倉記念で不発(1番人気で6着)に終わったあと、11月京都のL(準重賞)カシオペアS(京都1800m)を勝ち、GⅢのターコイズS(中山1600m)でスマイルカナの7着。そして前走のGⅢ・愛知杯(中京2000m)が予想が◎だったマジックキャッスルのクビ差2着。そしてここ。中山の1800m戦です。走るパターン?
ただし、〇アルーシャ、▲ドナアトラエンテのほかにもシャドウディーヴァ、シーズンズギフト・・・見どころある馬がそろったレースです。
【中山牝馬S】(3月13日、中山11R)発走=15時45分
◎13 ランブリングアレー
〇 3 アルーシャ
▲ 9 ドナアトラエンテ
△ 5 シャドウディーヴァ
△14 シーズンズギフト
△15 サトノダムゼル
△ 2 リアアメリア
馬連 13→3、9、5、14、15、2

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント