「中山金杯&京都金杯」

2018年01月05日

「中山金杯&京都金杯」

2018年の幕開けは恒例の「金杯」。中山は2000mで争われるハンデキャップ重賞(GⅢ、4歳以上オープン)。数日前まで3歳だった若駒が番組上、「古馬」の仲間入り。その4歳馬がここに5頭出走してきました。能力、仕上がり状態はもちろんですが旧・古馬陣とのハンデ差に注意しましょう。

その4歳勢からセダブリランテスを中心に選びました。旧・古馬勢に馬齢重量を上回るハンデを背負っている馬がいません。57キロがマイネルミラノ1頭だけで、あとは馬齢より軽いメンバー。それなら55キロのこの馬でなんとかなるのではないか?というわけです。2歳の12月にダートで新馬勝ちしたあと昨年は芝で500万下→ラジオNUIKKEI賞(GⅢ、福島1800m)と3連勝。一頓挫あったあと出走した11月東京のアルゼンチン共和国杯(GⅡ、東京2500m)でもスワーヴリチャードの3着。着差はあったものの古馬勢相手に健闘しました。好位でレースを進める脚質も中山コースに合いそうです。

同じ4歳牡馬のダイワキャグニーは昨秋、天皇賞(秋)へのステップレース、毎日杯(GⅡ,東京1800m)でリアルスティールの4着(7番人気)と大好走。次いでオープン特別のキャピタルS(東京1600m)を好位から抜け出し、サトノアレスの追い上げをしのいで勝ちました。4勝すべてが東京コースという馬ですが、今のデキなら右回りの中山でも大丈夫ではないか?逆転候補にしました。

単穴は8歳になった牝馬のデニムアンドルビー。前走のチャレンジC(GⅢ、阪神2000m)では長く脚を使っています。余裕の勝利と思われたサトノクロニクルにクビ差まで迫る2着でした。ハンデは前走と同じ54キロ。復帰以来、不発が続いていた中での好走だったのでこのメンバーなら大勢逆転も狙えます。

伏兵陣からは近況が不振でも追い切りの動きは悪くない4歳のカデナ、福島記念を巧騎乗でものにしたあとさらに上昇しているように見えるウインブライト、前走で先行策に出て変わり身を見せたストレンジクォークに注意。あと、大穴にアウトライアーズを追加。追い切りの動きが変わっているので嵌れば鋭い末脚があるかもしれません。

【中山金杯】(6日、中山11R)発走―15時35分

◎ 6 セダブリランテス

〇 9 ダイワキャグニー

▲ 5 デニムアンドルビー

△17 カデナ

△ 1 ウインブライト

△11 ストレンジクォーク

△ 4 アウトライアーズ

馬連 6→9、5、17、1、11、4

 

京都金杯は中山と同じ競走条件(4歳以上オープン、ハンデ)のGⅢですが、距離が1600m。メンバーを見ると先行勢あり、差し・追い込み勢にも有力馬がいて直線の攻防が面白くなりそうです。明け4歳勢が人気を集めそうですが、今の時期にしては古馬勢とのハンデ差が少ないのでどうでしょう?過信は避けたいところです。

ここはクルーガーを狙いました。この馬の能力を高く評価しているんです。昨年の4月、故障明けで1年まるまるブランクがあって復帰した時だって(GⅡ・マイラーズC、イスラボニータの10着)特注馬に挙げたほどです。そのあと6カ月休み、秋初戦の富士S(GⅢ、東京1600m)ではエアスピネルの3着。不良馬場の中、後方から2馬身半まで追い上げました。4着がレッドアンシェル、5着がペルシアンナイトというメンバー。次のGI、マイルチャンピオンシップはペルシアンナイトの7着でしたが、勝ち馬からの差は1馬身半。凡退したわけではありません。追い切りの内容は復帰してから今回が一番良いと思います。57.5キロ、外枠には目をつぶって◎

4歳牝馬のラビットランも魅力があります。前走のターコイズS(GⅢ、中山1600m)で4着でしたが、横一線の接戦でした。中山コースでは早めに追い上げないと届かないし、外を回る距離ロスもあります。内容的はかなり強さを感じるケイバでした。狙いたいところなんですが・・・12月16日に栗東トレセンから中山へ遠征して、さてここは調子を保てているか?少し不安なので2番手にしました。

単穴は4歳牡馬のレッドアンシェル。NHKマイルC(GI、東京1600m)の4着馬で、秋は前記した富士Sで2番で先行して4着に粘り、前走のリゲルS(OP特別、阪神1600m)を勝っています。狙いどころではありますが56キロのハンデは有利とは言えません。

伏兵陣では、まずウインガニオン。先行して二の足を使うタイプで、昨年は3連勝目で重賞・中京記念(GⅢ、1600m)を制し、次いで関屋記念(GⅢ、新潟1600m)でマルターズアポジーの2着。57.5キロでも要警戒です。あと、この距離なら持ち味が活きるかもしれない4歳のカラクレナイ、アメリカズカップと、57キロの古馬ブラックムーン。

【京都金杯】(6日、京都11R)発走=15時45分

◎13 クルーガー

〇 2 ラビットラン

▲ 7 レッドアンシェル

△12 ウインガニオン

△ 5 カラクレナイ

△ 4 アメリカズカップ

△ 9 ブラックムーン

馬連 13→2、7、12、5、4、9

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント