「中山金杯&京都金杯」

2020年01月04日

「中山金杯&京都金杯」

オリンピックイヤーの2020年を迎えました。まずはおめでとうございます。
私は前回五輪の時はすでに東京にいたのですが(出身地・北海道)、楽な学生生活でないのは覚悟の上だったので職場の新宿の喫茶店でテレビをチラチラ見るだけでした。国立大の仙台をやめて上京に踏み切ったのは生活と、もう一つは競馬があるから。懐かしく思い出されます。
それはさておき、当時から正月は金杯からスタートでした。今年は運があるやなしや?これも一緒。だって、ハンデ戦で調教も正月を挟んで変則になるので運頼みになるほど難しい要素が多いんです。
中山金杯(GⅢ、2000m)は58キロのハンデに目をつぶってトリオンフにしました。2番目に重い(57.5キロ)ギベオンとは前走のチャレンジC(Ⅲ、阪神2000m)で対戦しています。予想はギベオンに◎、この馬の〇としたのですが、ギベオンが不発。ところがこちらは屈腱炎で放牧されて1年4カ月ぶりのレースだったのに先頭に立ってアタマ差2着の大健闘でした。気性難で去勢され、こんな大きな災いをはねのけるのですから・・・やっぱりこの馬はすごいです。
対抗馬は安定感のあるクレッシェンドラヴにしましたが、単穴は追い続けているギベオン。器用さに欠けるので前回がそうだったように中山コース向きではありません。ただ、巧く進路が取れれば抜けて来れます。レッドローゼス、カデナ以下の浮上にも要注意です。
【中山金杯】(1月5日、中山11R)発走=15時35分
◎ 7 トリオンフ
〇 3 クレッシェンドラヴ
▲ 9 ギベオン
△ 5 レッドローゼス
△15 カデナ
△ 4 ノーブルマーズ
△ 8 ウインイクシード
馬連 7→3、9、5、15、4、8

京都金杯(GⅢ、1600m)は昨年の上がり馬の1頭、ダイアトニックに期待しました。鋭い差し脚があり、4歳の昨秋にはGIIのスワンSで接戦をものにしました。トップハンデの57キロになりましたが、京都コースのこの距離は外回りなので持ち味が活きるでしょう。
相手も同じ追い込みタイプの4歳馬カテドラル。2キロ軽い55キロなので逆転候補です。
単穴は53キロの牝馬サウンドキアラ。ただ、このメンバ―は前走のチャレンジCで3着に伸びて名前のように驚かされたブレステイキング、モズダディーなど穴っぽい馬が多いです。
【京都金杯】(1月5日、京都11R)発走=15時45分
◎ 6 ダイアトニック
〇13 カテドラル
▲ 3 サウンドキアラ
△14 ブレステイキング
△15 モズダディー
△ 4 オールフォーラヴ
△ 8 ドーヴァー
馬連 6→13、3、14、15、4、8

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント